【VR対応】エースコンバット7とは?発売日や価格、最新情報まとめ

新たなトレーラーの公開

2017年6月12日追記

エースコンバット7 発売時期変更に関するお知らせ

2017年5月16日追記

エースコンバット7 スカイズ・アンノウンの発売時期が2018年に延期されました。

エースコンバットシリーズブランドプロデューサー
河野一聡さんのコメント

エースコンバットファンの皆様

この度、ファンの皆様へのメッセージという形で、エースコンバット7 スカイズ・アンノウンの発売時期を2018年に延期することをお伝えさせていただきます。私を含めたProject ACESは、最初にこのゲームで実現したいと願った「空の革新」の完成を目指して、今この瞬間も懸命にエースコンバット7の開発を続けています。
当初予定していました通り2017年中にリリースし、皆様にお届けしたいと進めてまいりましたが、このゲームで実現したいことを妥協することなく、シリーズの最新章を最高のクオリティに仕上げるために、あともう少しの時間と努力を費やすことを選択しました。
Unreal 4エンジンと現行コンソール、PCのハイスペックは、この時代に最も楽しいエースコンバットを開発する「Skies of opportunities」(機会)を与えてくれました。エースコンバットシリーズの20年以上の歴史の中で、ここまでの最新技術を使って雲や気流のある空のフィールドを再現し、激しいドッグファイトや多彩なミッションなど、空戦の遊び、駆け引きを詰め込み、また加えてPSVR対応による新しいパイロット体験など、ファンの皆様に「空の革新」を強く実感していただけるのは初めてのことになります。
今後、より多くの情報を発信したいと考えております。まずはE3 2017の会場で皆様に新しいデモを披露いたします。このデモでは初めてエースコンバット7の本編ミッションを体験していただけます。
多くのファンの皆様にはもう少しお待ちいただく事になりますが、最高のエースコンバット7をお贈りするべく、引き続き全力で開発に取り組んでまいりますので、皆様のご理解と変わらぬご支援の程何卒よろしくお願いいたします。

エースコンバットシリーズブランドプロデューサー
河野一聡

実在する兵器や 架空のオリジナル兵器を操作し、華麗で爽快な戦闘が楽しめる「フライトシューティング」ゲーム。

飛行中の空のグラフィックにもこだわっており、本当に『空を飛んでいる!』と錯覚してしまうほど。

今作では PlayStation® VR にも対応しています。

この記事では、「エースコンバット7」の注目デモプレイ動画、その他に分かっている情報をまとめていきます!

エースコンバット7の発売日は?

 タイトル  エースコンバット7 スカイズ・アンノウン
 ジャンル  シューティング
 開発  バンダイナムコエンターテインメント
 発売日  2018年内発売予定
 価格  未定
 販売形態  未定
 PSVR  対応
 プレイ人数  不明
 CERO  審査予定
公式サイト  http://ace-7.bn-ent.net/index.php

2017年1月26日に公開された最新PV

スカイズ・アンノウン

ナンバリングタイトルの「エースコンバット6 解放への戦火」が発表されてから8年ぶりの新作にあたる今作。

そんな今作のサブタイトルの意味は 「未知の空域

以下では 作品の舞台や、背景などをまとめていきます。

舞台は架空世界

今作の舞台は、シリーズでお馴染みの架空世界。

年代は、『エースコンバット5』から約10年経った、2020年頃となっております。

※地図は同じ2020年頃を舞台にした、「エースコンバットX」の世界地図のため、今作と多少変わっている可能性があります。

公開されているトレーラーを見ての推測

情報が中々公開されておらず、トレーラーも3本しか公開されていません。

そんな中でも、一番新しく(2017/01/26)公開されたトレーラーがこちら

今作は エルジア王国 VS オーシア連邦 となりそうです。

髪色や、顔のシワの深さから見て、かなり年がいっていると思われる男性。

そして、この男性が着ていると思われるスーツ。

その性能について触れているが、能力を上げる力でもあるのでしょうか?

このステルス機の垂直尾翼に白い3本線が確認できる。

よくよく見てみると、下には アルファベットや絵が書かれていたようだ。

本来なら所属エンブレムなどが書かれているはず、なぜ消しているのだろう…?

今作のシンボルである「軌道エレベーター」その高さには、ただただ圧倒されます。

「はしゃぐな囚人ども」というセリフから、囚人も搭乗しているみたいですね。

ただの囚人では兵器をこんなにうまく乗りこなすはずがないで、経験者なのでしょうか…。

ひときわ存在感を放つ この美女。

後ろの エルジアのマーク が付いた航空機や、着ている服装、堂々とした たたずまいから エルジア王国では何かしらのポジションに就いているのが伺えます。

前作では、「共和国」だったエルジアが「王国」に変わっていることから、何かしらの関係がありそうですね。

高所恐怖所の方は要注意!注目のVR

本編とVRモードは別々になっており、操縦する際は コックピット視点 となる。(従来だと、後方視点・主観視点・コックピット視点 の3種類から選べた。)

そんなVRでの操作画面は、『エースコンバットシリーズ』のプロデューサーである、河野一聡氏 曰く 「高いところが苦手な人はやめておいたほうがいい」とお話しするほど。

PlayStation Experience 2016 で公開されたプレイ画面は、まさに「パイロット視点」となっており、視点を落とせば自分の体を目視できる。

開発陣がこだわりを語る映像が公開されるほど、今作に力を入れている部分が 『

目の前に見えている雲の中には、実際に入ることができるが、雲の中に入ると キャノピー には水滴が付いてしまい、敵を視認しづらくなる。

というリアルな描写が…。

ドッグファイトでは、向いた方向の景色がダイレクトに見えるため、敵が目の前・横に来た時に見えるのはもちろんのこと。

上空を飛ばれている時は、上を向くと敵を目視できる。

敵がどのように飛んでいるのかを 想像して操縦・攻撃をするのではなく、実際に見て行動を起こせるため、没入感は言うまでもありません。

こちらが実際に 河野Pが実機プレイ動画。(プレイするのは、20分40秒あたりからです。)

美麗でリアルな映像にはもちろん、河野Pの華麗なプレイにも目がいってしまいますね。

まとめ

発売日は 2017年を予定していることで、そろそろ新しい情報が発信されそうですね。

対応機種は、以下の3種と発表されています。

  • PlayStation®4
  • Xbox One
  • STEAM®

また、今作から始める方でも楽しめるように、登場キャラは一新されていますが、「5」をプレイされた方が思わず ニヤッ としてしまうような キャラも登場するとのことで、どのように繋がるのかとても楽しみですね。

【2017年】発売予定のPSVR専用 / 対応ソフト一覧

2017.01.01