VRゴーグル販売店の「ビックカメラ」で購入できるゴーグルの値段・特徴

ビックカメラで人気のVRゴーグルを調べてみました!

  • 実際に使った人の意見を聞きたい。
  • それぞれのVRゴーグルのポイントを知ってから購入したい。
  • ビックカメラで売れているゴーグルを知りたい。

とお考えの方にビックカメラで販売されているVRゴーグルの『売れ筋ランキング』や『人気・おすすめ』項目にあるゴーグルの特徴や内容をご紹介します。

「ビックカメラ公式サイト」では、売っている店舗・店舗情報、在庫を表示できます。

当記事で紹介しているゴーグル全てにビックカメラ公式サイトへのリンクがあります。

気になるゴーグルを見つけた際はどこに売っているのか確認してみましょう。

VRゴーグルを選び方が全く分からない!という方はこちらをご覧ください。

ビックカメラ売れ筋ランキング TOP3

1位『ZEISS VR ONE Plus』

スマートフォン用[4.7~5.5インチ]

ビック特価: 15,000 円 (税抜)※2017/5/19現在
消費税:1,200円  税込:16,200円
ポイント: 1,620ポイント (特価の10%分)

メーカー:カールツァイス
視野角(FOV):100°
対応スマホ:iPhone・Android[4.7~5.5インチ]
メガネ着用:メガネ着用可能

【ZEISS VR ONE Plus】おすすめポイント

カールツァイスといえば、知る人ぞ知るドイツの光学メーカー。

特にカメラ用レンズについては過去に幾度となく素晴らしい製品を世に送り出しています。

そんなメーカーがVRゴーグルのレンズを作ったら、というのが「ZEISS VR ONE Plus」です。

つまりレンズ性能は他社を抜きんでる鮮明度なので、VRの臨場感がさらに楽しめます。

もちろんレンズだけではなく内部についても蒸れ防止の通気部が設けてあったり、顔に接触するクッション部も多重構造になっていたりとスペック、そして見た目のZEISSのロゴマークがハイセンスな高級品を所有している、そんなVRゴーグルです。

補足として瞳孔間距離に応じた面倒なレンズ位置調整がないのも、このVRゴーグルのおすすめポイントの一つです。

【ZEISS VR ONE Plus】ユーザーレビュー

”これは凄いです!! エクスペリア ZXで使用”

エクスペリアZXで使用しています。心配しがちな装着可能かどうかですが、普通に装着可能です。しかもスマホケースに入れていますが可能です。眼鏡をかけても可能でした。ただ普段からHDだの4Kだのに慣れている自分にとっては画質がイマイチですがリアルさは凄いですね。もう目の前にいる感じ、没入感が凄いです。これは以前の型の4kスマホで見たいですね。次期スマホは4kに戻るとか???その際は買い換えます。

難点は、装着すると、当たり前ですが、スマホがいじれないので早送りや巻き戻しができない…そこをブルートゥースリモコンで操作したい所ですが、スマホとの相性やアプリとの相性もあり、どれを買っていいのか知りたい所です。

またどうしてもレンズにホコリがついたりしますが、外側のレンズは拭けるのか??? これはどの機種も同じかもしれませんが意外とホコリが見えますので没入感を出すにはホコリ除去が必須ですね。

カメラもやるんですが、メーカーを知っているだけに、ものとしては流石、カールツァイスレンズです。レンズは良くてもスマホの画質に左右されるので高画質なスマホが良いと思います。

★★追記★★
マイナス改善点がありました。中のスライド式の物でスマホを入れ、更に、それのスライドで大きさ調整しスマホを挟むのですが、この樹脂が結構柔いです。恐らくちょっとの力で破損すると思います。なぜにココをもっと強化部品ないし仕組みにしなかったのか疑問です。一番出し入れし負荷が掛かる所なのに…気を付けないとパキッと…

【ZEISS VR ONE Plus】はこんな人におすすめ

  • 先進の光学設計のレンズ性能でVRを楽しみたい
  • 見た目にも高級感を感じることのできるVRゴーグルがほしい
  • レンズ位置調整不要のVRゴーグルがほしい

2位 『コントローラとギアVR』

SAMSUNG
Galaxy S7 edge用 Gear VR with Controller SM-R324NZAAXJP
ビック特価: 14,870 円 (税抜)
消費税:1,189円  税込:16,059円
ポイント: 1,607ポイント (特価の10%分)
対応スマホ:Galaxy S7 edge, Galaxy S6 | S6 edge

お手軽HMDからもうワンランクうえのVRゴーグルを求めるならば、Gear VR。
Galaxy端末という制約があるものの、ニューモデルにはコントローラーが付属しており、クオリティの高いグラフィックなどのゲームコンテンツを没入感高く楽しむことができます。

さらにGear VRとの連携できるリアルタイムの360度ブロードキャストに対応した4K 360度カメラ「Gear 360」。

防塵/防滴性能を備え、130分連続使用可能、メモリーも最大256Gまで拡張可能だから、パーティなどのイベントやチョットした友達との飲み会の席などで撮影すると、高品質なメモリアル動画で臨場感を振り返ることができます。

ちなみにGear 360はGalaxy S8/S8+/S7 edge/S6/S6 edgeのほかにiPhone 7/7 Plus/6s/6s Plus/SEにも対応しています。

3位『P-VRGR01BK』

エレコム
スマートフォン用[4.0~6.0インチ] VRグラス スタンダード/メガネ対応 ブラック P-VRGR01BK
ビック特価: 2,470 円 (税抜)
消費税:197円  税込:2,667円
ポイント:266ポイント (特価の10%分)
対応スマホ:iPhone・Android[4.0~6.0インチ]

密閉型ではなくオープン設計であるので、ARコンテンツもわざわざ窓を開けたりする手間などもありません。

こちらのウリは目の周辺をおおきく設計しているため、メガネを装着したままでも視聴ができるということ。

目幅調整もしっかりあり、ジャスト感バッチリでVR体験ができます。

なによりも売れ筋の多くは密閉タイプであり、レビューにはよく「曇り」が指摘されることがあります。

そういった曇りのストレスを感じているならばこちらのゴーグルはおすすめです。

ビックカメラの「vr ゴーグル」ランキングTOP3 <まとめ>

実際にビックカメラで見たり触ったりして購入をしたランキングでもあるので、作為的なネット上のランキングと比較するとランキングの信憑性が高いです。

もし、VRゴーグルの購入に迷った際などは参考になると思います。

ここからはビックカメラで『人気・おすすめ』のVRゴーグルです。

エレコム『P-VRG06WH』

スマートフォン用[4.0~6.0インチ] VRグラス 極小タイプ ホワイト

ビック特価: 973 円 (税抜)※2017/5/19現在
消費税:77円  税込:1,050円
ポイント: 105ポイント (特価の10%分)

視野角:不明
対応スマホ:iPhone・Android
メガネ着用:メガネ着用可能

【P-VRG06WH】のおすすめポイント

ヘッドマウントディスプレイタイプと違いコンパクトに折りたたむことができる極小のVRゴーグル。

ですので外出時にでもカバンの中に邪魔にならず持ち運びができます。
車などにも携帯しておくと、チョットしたスキマ時間に360度VRを楽しむことができます。

ヘッドマウントディスプレイが主流のVRゴーグルですが、スマホを覆わない設計のため、直接スマートフォンの画面が操作が可能なのでわずらわしさがなく快適ですが、覆っているゴーグルには没入感を高めるという目的があり、やはり没入感は低くなります。

【P-VRG06WH】はこんな人にオススメ

  • 外出先などでもVRを手軽に楽しみたい
  • ヘッドマウントディスプレイの密閉感が苦手
  • まわりの状況がわかるようにVRを楽しみたい

ラスタバナナ『VR BOX』

スマートフォン用[160 x 50~80 x 12mmまで] VRゴーグル ハンズフリー ブラック RBOT220

ビック特価: 2,470 円 (税抜)※2017/5/19現在
消費税:197円  税込:2,667円
ポイント: 266ポイント (特価の10%分)

視野角:不明
対応スマホ:iPhone・Android[160 x 50~80 x 12mmまで]
メガネ着用:メガネサイズによって着用可能

【RBOT220】おすすめポイント

ダンボールVRゴーグルと異なりハンズフリーでVR映像が体験できます。

レンズの距離を上下左右に調整可能(片目ずつ調整ができる)で、価格的にも標準的とバランスのとれたヘッドマウントディスプレイのVRゴーグルです。

またメガネ着用可能と表示がされていますが、
メガネの形状によっては着用が困難な場合があります。

ビックカメラで試用可能な場合、メガネを着用して使用したい方は問題がないか体験を含めて確認することをおすすめします。

【RBOT220】はこんな人におすすめ

  • ダンボールVRゴーグルがイヤになった
  • お手軽HMDでどれがイイか迷った
  • 標準的なバランスのとれたVRゴーグルがほしい

SAMSUNG 『ギャラクシーギアVR』

銀河S7エッジ/銀河S6 / S6エッジ用銀河ギアVR SM-R323NBKAXJP

ビック特価: 11,780 円 (税抜)※2017/5/19現在
消費税:942円  税込:12,722円
ポイント: 1,272ポイント (特価の10%分)

視野角101度
対応スマホ:Galaxy S7 edge, Galaxy S6 | S6 edge
メガネ着用:メガネ着用可能

【Gear VR】おすすめポイント

Gear VRの高性能、高品質ながら、デメリットはなんと言ってもGalaxyのスマホしか対応していないことです。

ハイエンドのVRメーカーオキュラスリフトとのコンテンツやVR CRUISE、360CHANNEL、DMM.COMなど、Gear VRで豊富なコンテンツを楽しむことができるのもおすすめポイントの一つです。

視野角も101度と広く、VR最大の問題「VR酔い」についても人間工学に基づいた設計で最小化を目指したVRゴーグルです。

実際に体験してみると、他社と比較してみてもVRの臨場感や没入感などはお手軽VRのクラスよりハイスペックなのは体感でよくわかります。

デメリットを上げるとすれば、Galaxyスマホのみ対応という点です。

Galaxyを所有しているユーザーにはおすすめのVRゴーグルですが、それ以外のスマホの方にはGalaxyから用意しなければいけないので、持っていない人には敷居の高いVRゴーグルとなっています。

【Gear VR】ユーザーレビュー

”PSVRまでの繋ぎに”

丁度機種変したい時期とVRに興味を持ち始めた時期が重なって、スマホをGALAXY S7edgeに変えこちらも購入。結果から言うと素晴らしい製品だと思います。

gear VRを購入する前にSONYストアでPSVRの体験会に行って来たため、正直「PSには到底敵わないだろうな」と半ば人柱覚悟で買いましたが、予想は良い意味で裏切られました。惜しむらくは現状コンテンツ不足なことでしょうか。しかしそれもVRのパイオニアであるオキュラスがサポートしているため枯れる心配は少なそうです。

まず起動して目の前に広がるだだっ広い邸宅のリビングに感動。ヘッドトラッキングによるポインター操作と右側面のタッチパネルによる小気味良い快適な操作性。そしてやはり臨場感溢れる360度コンテンツへの没入感はVRならではの体験であり他では味わうことはできません。

そして絶対友人や同僚に自慢したくなります(笑)
ゲームもしたくて思わずBTコントローラーまでポチってしまいましたが後悔は全くしていません。良い買い物をしたと思います。

一部で取り沙汰されている発熱問題ですが、S7edgeではほぼ問題ないかと。熱くはなるんですが、強制終了したことはありません。長時間使用しなければ大丈夫かと思います。

最近では妻と取り合いで昔のリモコン争いを彷彿とさせます。

とは言えやはりテレビなどと比べると疲れはしますので、毎晩食後に「ちょっと飛んでくるわー」みたいな軽い感じで使用しています。

さらに驚いたのは、ブラウザ経由とは言えYouTubeや一部のネット動画などを大画面で寝転んで楽しめること。ライブ動画などは結構な迫力で楽しめます。

何はともあれ対応端末をお持ちでしたら15000円でこの体験が自宅で出来るとあればコスパが高いと言えるでしょう。機種変を考えていてVRに興味がある方はぜひ検討してみてはいかがでしょう。

【Gear VR】はこんな人におすすめ

  • Galaxyを所有している人
  • DMMなどのオリジナルコンテンツを楽しみたい
  • お手軽ゴーグル、もうワンランク上の没入感がほしい
  • Facebookなどの360°動画をさらに楽しみたい

ハコスコ

スマートフォン用[160 x 80 x 10mmまで] VRビューワー ハコスコ タタミ2眼 コーティングモデル T2-PP

ビック特価: 1,190 円 (税抜)※2017/5/19現在
消費税:95円  税込:1,285円
ポイント: 128ポイント (特価の10%分)

視野角90度
対応スマホ:iPhone・Android[160 x 80 x 10mmまで]

メガネ着用:メガネサイズによって着用可能
外箱の両側にあるミミ部分を折り目に沿って軽く外に折り曲げて下さい。

【ハコスコ】おすすめポイント

見た目からもわかる通り、お手軽で初心者向けです。組み立てから作成する工作も楽しめます。

デメリットはダンボール製であるため、ヨレや顔の皮脂を吸収するということがあります。

しかし作成したものがゴーグルとして活用できる楽しさもあり、HMD構造の基本的な部分も知ることができます。

そのような観点からも、これから始める方にとってはHMDから購入するのではなく、まずこちらのハコスコ製品から入ることがおすすめです。

ハコスコを買ったら体験しよう!ハコスコアプリでVR映像を視聴する方法

2017.03.06

ダンボールでVR体験?1000円で購入可能なVRゴーグル「ハコスコ」とは?

2017.01.13

【ハコスコ】はこんな人におすすめ

  • これからVRをやってみようと思う人
  • 消耗品と割り切ってVRを楽しみたい人
  • 密閉感の高いHMDが苦手な人

WHITE『みるボックスタッチ』

スマートフォン用 〔150×76×10.5まで〕 VRゴーグル  MLBT-001-B

ビック特価: 2,490 円 (税抜)※2017/5/19現在
消費税:199円  税込:2,689円
ポイント: 268ポイント (特価の10%分)

視野角90度
対応スマホ:iPhone・Android〔150×76×10.5まで〕
メガネ着用:メガネサイズによって着用可能

【MLBT-001-B】おすすめポイント

ハコスコでは物足りない、でもHMDは嫌だという人にはうってつけの『みるボックスタッチ MLBT-001-B』。

明治大学の研究成果であるExtentionSticker技術を応用し独自開発した世界初になるタッチインターフェース。これがこのVRゴーグルの最大のウリです。

スマホのディスプレイにExtensionStickerを貼り付け、円形の溝をなぞるだけでゴーグルをつけた状態でも入力操作が可能になるというものです。

メリットでありデメリットであるのは、その『精度』です。

やはり精度はタッチパネル操作が可能なHMDと比較するとやはり、そこまで求めることができません。

ですので高い操作を要求されるようなゲームには不向きですが、それ以外のチョットした操作などはわざわざスマホを取り出す必要がないので、利便性の高いタッチインターフェースです。

ビッグカメラ店頭で試用ができる場合は反応がどれくらいなのか確認してみましょう。

【MLBT-001-B】ユーザーレビュー

”手軽にVR体験。”

手軽にVR体験ができるとのことで購入してみました。

自分で組み立てなければならないのがやや面倒ですが、オフィシャルサイトに動画がアップロードされており、参考にしました。

ダンボール上で操作するので操作性が心配でしたが、問題なくスムーズに操作できています。

この値段でこれだけ楽しめるのは十分満足です。

周囲にもぜひオススメしたく、一風変わったプレゼントとしても最適かもしれません。

【MLBT-001-Bゴーグル】はこんな人におすすめ

  • ハコスコで物足りない、でもHMDまではという人
  • モノを増やしたくない人
  • 操作をするためにスマホをゴーグルから取り出すのが面倒な人

ビックカメラで購入したい人気VRゴーグル<まとめ>

ビックカメラはネット価格対抗店です。(※今後はどう変わるかはわかりません)

価格.comなど最安値を確認してから店舗で交渉をしてみるのもアリだと思います。

店舗ごとに置いてあるVRゴーグルが違っていたり、一つも置いていない店舗もあるかもしれませんので、ネットで確認するか、電話で直接聞いてから買いに行きましょう。

ビックカメラの公式サイトでは、店舗と在庫を確認することが出来ます。