ダンボールでVR体験?1000円で購入可能なVRゴーグル「ハコスコ」とは?

ハコスコとは、ダンボールとレンズで出来ている簡易ゴーグルで、手軽にVR(仮想現実)を体験できるスマホVRサービスです。

VRのコンテンツは日に日に増えています。

Youtubeの動画はもちろんスマホのゲームアプリまでもがVR対応になってきました。

そんな中で「VRを体験してみたいけど、ゴーグル高そう・・・」と思っている方が多いのではないでしょうか?

今回は、手軽に楽しめるVRゴーグル「ハコスコ」が対応しているスマホ値段魅力と不満をまとめてみました。

ハコスコの「対応スマホ」は?

推奨スマホ非推奨スマホを表にしました。
※2017年1月時点

推奨機種 対応OS(ソフトウエアのバージョン)
iPhone 5s / 5c iOS8以上
iPhone 6 / 6plus
iPhone 6s/6splus
iPhone SE
iPhone 7/7plus
推奨機種 対応Andoroidバージョン
  • AQUOS
  • ETA
  • AQUOS Xx3
  • GALAXY Note 3
  • GALAXY J
  • GALAXY S5
  • Galaxy S6
  • Galaxy S7 edge
  • HTC J butterfly
  • isai FL
  • Nexus 5
  • Nexus 6
  • Nexus 7
  • Xperia Z
  • Xperia Z1 f
  • Xperia Z5
  • Xperia A2
  • Xperia A4
  • Xperia ZL2
  • XperiaTM X Performance
Android5.0以上推奨、OpenGLES2.0、H.264/AACデコーダー対応機種
非推奨機種
  • iPhone
  • iPhone 3
  • iPhone 3GS
  • iPhone 4
  • iPhone 4S
  • iPod Touch
  • Android
  • AQUOS PHONE ZETA
  • AQUOS PHONE EX
  • AQUOS SERIE
  • AQUOS SERIE mini
  • AQUOS PHONE Xx
  • AQUOS PHONE Xx mini
  • AQUOS CRYSTAL
  • ARROWS NX
  • ASUS ZenFone 2
  • ASUS ZenFone 5
  • Digno C
  • DIGNO T
  • HTC J butterfly
  • Xperia TM Z3
  • Xperia TM A4
機能が正常に動作しないことを確認している機種

iPhoneは5Sから対応している様です。

AQUOSの対応機種は少ないですが、Xperiaは殆どが対応していますね。

ハコスコの「価格」について

今までのVR機器は安いもので1万円ハイエンド機器で10万円以上掛かりました。

今でこそ安価になってきましたが、それでも3千円はします。

そんな中、1200円という魅力的な価格でスマホVRゴーグルを提供しているのがハコスコです。

レンズだけでなく、光を遮断する囲いが付いているゴーグルの中では一番安いのではないでしょうか?

1眼と2眼の価格は同じく1200円です。

 

安いのは分かったけど、実際はどうなの?VR体験できるの?

「価格が安くてチープじゃないの?だってダンボールで出来てるし・・」そう思われた方も多いのではないでしょうか?

私もそう思っています。(思っていました!)

実際にハコスコを体験しないと分からない!ということで、ハコスコの「Google Cardboard V2」という1500円のスマホVRゴーグルを購入してみました。

これはGoogle CardboardというGoogleが提供しているVRの規格に合った物になります。

私は5.5インチのAndroidスマホを使っているのですが、Google Cardboard V2だと少し小さく感じました。

見れないという訳ではなく、若干はみ出す程度でしたが、購入する際は自分のスマホに合ったハコスコの購入をお勧めします。

そして、YouTubeに投稿されている360度動画をVRモードで視聴してみたのですが、それなりの没入間と臨場感、迫力を感じることが可能で、VRを体験することは出来ました。

『ハコスコ』の不満

ハコスコは素材がダンボールなので、目元や鼻が擦れたりすると痛いのですが、その点は工夫次第でどうにでもなります。

これは、ハコスコ購入前に私が使っていたVRゴーグルです。

段ボールにスポンジを巻くことで痛みを和らげることができます。

ハコスコのサイズ感が合わないから痛くて装着できない!という方はお試し下さい。

スポンジ巻くのは面倒だ!という方は専用のクッション付きゴーグルがお勧めです。

こちらを購入するのもアリですが、ハコスコDX(3000円)、ハコスコDX2(6000円)掛かります。

 

『ハコスコ』1,000円の限界

ハコスコでもVRアプリ360度動画ある程度楽しむことは可能ですが、5,000円~10,000円する高級ゴーグルを体験してしまうと、ハコスコでは満足できない方もいると思います。

ハコスコでVRを体験してみたけど、微妙だな。」と思ってしまった方は一度、PSVRやGearVRを体験して画質とクオリティ、没入感の違いを感じてほしい。

【スマホVR】GearVRの特徴や対応機種、人気コンテンツまとめ
こちらの記事では、ハコスコとGearVRの違いを比べました。

 

ハコスコのコンテンツとまとめ

ハコスコには専用の無料アプリがあります。

iPhone、Android両方に対応しており360映像を楽しむことができます。

その他にもDMMが提供しているVR動画やゲーム。

Youtubeの360動画なども見ることができます。

ハコスコは対応機種が古かったり、段ボールで出来ていたりと少し安っぽいイメージがありますが、VRを体験することは可能です。

安価なハコスコで一回VRを体験してみて、そこから高価な「Gear VR」や「Oculus」の購入を検討するのもVRを楽しむコツの一つだと思います。

ハコスコを買ったら体験しよう!ハコスコアプリでVR映像を視聴する方法

2017.03.06