ハウステンボスにある「VRの館」と「VRアトラクション」のおすすめコンテンツ

2017年3月4日に長崎県佐世保市にあるハウステンボスに、日本最大のVRテーマパークとしてプレオープンし、注目を集めています。

「日本最大のVRテーマパーク ハウステンボス」は、テーマパーク一角にVRのアトラクション施設がもうけられているというわけではなく、パーク内各所にVRアトラクションがあり、まさにスケールの大きなVRテーマパークです。

VRホラー作品が3種類あり、他にもハラハラドキドキなアトラクションから家族向けのアトラクションまで多数あります!

今回はハウステンボスに設置されている「VRの館」と「VRアトラクション」についてまとめました。

長崎ハウステンボス

場所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

入場料:6,700円(+別途アトラクション利用料)

※VRアトラクションではVR用衛生マスク(館内販売50円)の着用が必要で、持ち込みや共用もOKです。
対象年齢8歳以上(13歳未満は保護者の同意が必要)。

アトラクションの数、およそ約30種のVRコンテンツが楽しめ、人気のホラー系や高所系、またVRアクションゲームや恋愛シミュレーションなど、人気のVRコンテンツを網羅できる施設となっています。

テーマパーク内には建物全てでVRを楽しめる「VRの館」とパーク内の各所にある「VRアトラクション」の構成となっています。

VRコンテンツが揃う「VRの館」でおすすめのVRゲーム

VRの館には、現在15のVRコンテンツがあり、建物内には、入場料とは別の「有料体験ブース」と「無料体験ブース」のコンテンツが用意されています。

有料体験ブースでは、VRチケットを館内で購入して楽しむことができます。
チケットは1枚200円、4枚セットで500円です。

VRリズムアクション <Airtone(エアトーン)>

  • 料金 / VRチケット2枚

リズムに合わせて流れてくるノーツを狙ってポイントをゲットしていくリズムゲーム!

両手のコントローラーを使って軌道をなぞったり、トリガーを引いたり、振ったりしてタイミングよくノーツを獲得して高得点を狙おう!

リズム感覚が重要なゲームで、音ゲーやリズムゲーが好きな方におすすめのVRゲームだ。

VRスリル体験 <ウルトラ逆バンジー>

  • 料金 / VRチケット2枚

MX4Dシートという劇場で話題の映像にシンクロして動くシートを採用したVRアトラクション「ウルトラ逆バンジー」。

VR映像に連動し、上下左右・前後に激しく動き、風や振動などの特殊効果が合わさってジャンプのスピード感、重量感、体が受ける風をリアルに再現している。

迫力のジャンプと落下、飛行の爽快感と高い没入感を味わえる超体験VRゲーム!

VRシューティング <BLAST×BLAST>

  • 料金 / VRチケット2枚

360度、全方位から襲い来るを迎え撃て!!

BLAST×BLASTは、VRの世界で空中を飛び回り、襲い来る大量の敵(ロボット)を射撃「BLAST」剣戟「BLADE」で薙ぎ払う爽快VRアクションゲーム!

射撃モードには、チャージ攻撃やホーミングレーザー(自動照準)などの攻撃パターンがあり、スコアランキングや中々倒れないボス敵など、飽きを感じさせないVRゲームです。

VRブロック崩し <VRブロックブレイカー>

  • 料金 / VRチケット1枚

それ消しちゃって倒れない?大丈夫!?

友人や家族とマルチプレイ可能なVRゲームです。

交互にブロックを消していき、相手のターンでブロックが崩壊するように上手くねらってブロックを消していくハラハラドキドキなVRゲームだ。

2人でプレイできるため、森がること間違いなし!

VR恋愛体験 <迫りくる愛のささやき>

  • 料金 / 無料

胸キュン壁ドン体験

女性の皆さん!イケメン男子に「壁ドン」されてみたくないですか?

少女漫画のようなイケメン男子からの壁ドンを体験できる恋愛シュミレーションVRです。(男性向けの壁ドンもあるそうですよ!

VRシューティング <Project Falcon>

  • 料金 / 無料

VRゴーグル「FOVE」の視線追跡機能を利用した一人称視点のシューティングゲーム。

見るだけでで素早く敵をロックオンするなど、目での操作が肝心!

直感的に操作できるので、楽しみやすいVRゲームです。

VRホラー <BotsNew OF THE DEAD>

  • 料金 / 無料

ジェスチャー操作可能なヘッドホン付本格的VR機 BotsNew VR (ボッツニューVR)ゴーグルを使用したスマートフォンVRゲーム。

目をあけるとそこには誰かが寝ている。あなたはこの場所から生き延びることが出来るか!?

ジェスチャー操作でゾンビを倒しながら進むVRホラーゲームだ。

VRエンタメ <360Channel>

  • 料金 / 無料

「360Channel」で配信されているVR動画コンテンツを体験できるアプリ。

360Channelは、VRゴーグルさえあれば簡単に家でも見ることができるので、ハマった方はダウンロードしてみては?

VRシミュレーション <VR CUSTOM COASTER>

  • 料金 / 無料

VRといえばジェットコースター!

360度VRで様々な景色のジェットコースターを体験できる。

VRコミュニケーション <360°カメラで記念撮影>

  • 料金 / 無料

一度で360度全方位の撮影が可能な「RICOH THETA」を体験しよう!

ハウステンボスでは、お花畑に包まれたシチュエーションで撮影が出来るぞ!

撮影した画像データはスマホで持ち帰ることもできるとのこと。

 

パーク内の各所にある「VRアトラクション」のおすすめVRゲーム

パーク内の各所にある建物全体を使った「VRアトラクション」は全てパスポート対象となっているので、パスポートを購入して楽しみましょう。

1DAYパスポート 入場+約50のアトラクション施設利用
[大人]6,900円
ちなみに、ゲーム利用は2回目以降有料となっているので、その点はご注意を。

VRホラー <VR心霊百物語~廃病院~>

  • 料金 / パスポート対象
  • 場所 / スリラーシティ

顔をそむけても、まだいる。

興味があってもなかなか行けない「心霊スポット」をVRで探索!不気味な雰囲気が漂う、いわくつきの病院内を探索するVRアトラクション。

あなたは無事に帰ってこれますか?

VRライド <世界初!メリーゴーラウンド×VR>

  • 料金 / パスポート対象
  • 場所 / アムステルダムシティ

 

ドラゴンが案内してくれる360度絶景の世界旅行にVRで出掛けよう!

VRホラー <VRホラーハウス~少女の記憶~>

  • 料金 / パスポート対象
  • 場所 / スリラーシティ

 

世界初のギミック付きシートと連動した新感覚VRホラー映像!

精神的嫌悪感を煽るこの作品を体験するには心の準備が必要だ…。

VRバトル <サモナーバトル>

  • 料金 / パスポート対象
  • 場所 / スリラーシティ

 

日本初の拡張現実(AR)による対戦アクション!

最新ARシステム「HADO」により圧倒的臨場感で白熱の対戦バトルを体験できるぞ!

VRアクション <ダンジョンオブダークネス>

  • 料金 / パスポート対象
  • 場所 / スリラーシティ

 

暗黒の迷宮を攻略し、力を合わせて闇の魔王を倒せ!

最新ARシステム「HADO」でゲーム世界のような異次元体験をしよう。

VRアクション<リアルモンスターバトル>

  • 料金 / パスポート対象
  • 場所 / ハーバータウン

拡張現実を使った最新ARアトラクション。

現実世界に現れた巨大モンスターの攻撃から身をかわし、ファイヤーボールを撃って戦おう!

 

2017年夏 新たに加わるアトラクション

さらに施設内に新たに加わるアトラクションを紹介。さらに進化する最新のVRを体感できます。

世界初!踊る450°空間:バハムートディスコ

2017年7月1日(火)プレオープン
2017年7月15日(土)グランドオープン

場所:アトラクションタウン
料金:パスポート対象

360°というVRの視界枠から発展し450°という世界初となるVRディスコです。
さらにもう一つ改革的アイデアとして、ゴーグルを使わない新VRです。

つまり、VRのデメリットである年齢制限で8歳以下の子供が楽しめないという点を改善した、新VRコンテンツが「バハムートディスコ」なのです。

世界最強のコースター:VR-KING

2017年8月1日(火)プレオープン
2017年8月5日(土)グランドオープン

場所:アトラクションタウン
料金:パスポート対象

ライド型アトラクション「VR-KING」では、現実にあるジョットコースターの「高さ」「速さ」「長さ」の世界記録を更新するスケールのジェットコースターを体験できます。

世界記録のローラーコースターとの比較

  • 高さ
    世界記録:173メートル/Skyscraper(アメリカ 2017年オープン予定)
    VR-KING:300メートル
  • 速さ
    世界記録:時速240キロ/Formula Rossa(アラブ首長国連邦 2017年現在)
    VR-KING:時速270キロ
  • 長さ
    世界記録:2479メートル/スチール・ドラゴン2000(日本 2017年現在)
    VR-KING:3000メートル

非日常的な空間を駆け巡る、世界最強の絶叫ローラーコースターが体験ができます。

日本最大のVRテーマパーク ハウステンボスのHMDは?

ハウステンボス施設内のVRヘッドマウントディスプレイは

● 「Oculus Rift cv1」
● 「HTCVive」
● 「FOVE」
● 「IDEALENS K2」
● 「BotsNew」
● 「Pico」

など、計11種類のヘッドマウントディスプレイを使用。

また、ヘッドマウントディスプレイだけでなく、座席が映像とリンクするギミックチェア「MX4D」や「SIMVR(シンバ)」を使用し、より没入感を深める設備となっています。

東京でもハウステンボスのアトラクションが楽しめる!

2017年7月15日(土)グランドオープン予定の「バハムートディスコ」が2日間限定で東京・渋谷『SHIBUYA109』で体験できます。

イベント名 ハウステンボス「バハムートディスコ」体験会

2017年6月16日(金)13:00-20:00
2017年6月17日(土)10:00-18:00

場所 東京・渋谷 SHIBUYA109 イベント広場

参加料 無料

長崎へ行くのはチョット難しいという人はこの2日間だけ、世界初となる450°の新VRを東京で楽しむことができます。

ハウステンボスの待ち時間は?

ハウステンボスの傾向から見るとVRアトラクションの待ち時間も、基本的にはそこまで待ち時間は長くないとのことですが、前述で紹介したアトラクションのグランドオープン時期から夏休みまでの土曜、日曜は大変混雑すると思われます。

特に傾向としてハウステンボス8月の一か月間は来場者が増える傾向にあるので、やはり予約を確実にして来場するようにしましょう。