ニューヨーク・タイムズが手掛けるVRアプリ、NYTVRの視聴方法とレビュー

VR技術の進化は留まることを知らない。

そして、それは今、ジャーナリズムの世界をも変えようとしてる。

【VRアプリNYTVRとは?】

今回ご紹介する『NYTVR』は、アメリカの新聞社、ニューヨーク・タイムズが手がけたVRアプリだ。

世界中で問題になっている出来事(戦争、政治、災害、環境etc.)を、VR技術により”ジャーナリスト視点”で体感させてくれるものである。

従来のニュース報道は、第三者視点でしか基本的に物事を見られなかったが、『NYTVR』が登場したことで、問題の真っ只中に立つジャーナリスト視点で見られるようになったのだ。

視点がガラリと変わった事で、ジャーナリスト側も問題の深刻さや本質を受け手に伝え易くなり、「VRジャーナリズム」という新しい言葉もニューヨーク・タイムズから生まれた。

世界で今何が起きているか、自身の目で確かめたい方は『NYTVR』アプリを使ってみよう。

ちなみに、『NYTVR』アプリ内で公開された動画コンテンツの第一弾、「The Displaced」という作品は、世界三大広告賞の一つ、カンヌライオンズでグランプリにも輝いている。

Displacedは移す、難民、強制退去と言った意味合いを持つ英単語で、内容は紛争により住む場所を失った3人の子どもたちに焦点を当てたストーリー。

子どもたちがキュウリ農場で仕事をする姿、紛争で崩れた瓦礫の中で遊ぶ姿は悲しくたくましい物を感じられる。

ニューヨーク・タイムズとVRクリエイターの合作で、非常に高く評価されているオススメ作品だ。『NYTVR』アプリをインストールした際には、ぜひ本作を見て、最先端の「VRジャーナリズム」を体感して欲しい。

【使い方】

このアプリはAndroid版とiOS版が存在し、どちらも無料でダウンロード出来る。

NYT VR – Virtual Reality
NYT VR – Virtual Reality
無料
posted with アプリーチ

 

ホーム画面は基本的に縦表示で、VR動画を再生する時にだけ”横表示”になる。

アプリの文字は全て英語だが、グラフィカルなインターフェース画面で直感操作ができ、英語が分からない方でも比較的簡単に操作可能だ。

以下に4STEPで使い方を解説する。

  • STEP1

『NYTVR』を利用するにあたって、一番最初にしなければ行けないことは、スマホの自動回転機能をONにしておくことだ。この機能をONにしないと、見る時にエラーが出て動画の再生が出来ないぞ。アプリのコメント欄でもこの機能をONにせず、見られなくて嘆いていると思われる人が居た。再生する前の準備として必ず行なっておこう。

自動回転機能の設定は、Androidなら上部のステータスバーからONにするか、設定→ディスプレイから変更できる。

  • STEP2

STEP1の設定が終わったら、アプリを立ち上げ面白そうな動画を見つけよう。スワイプ操作で上下にスクロールすると作品が表示される。

  • STEP3

作品をタップすると、「PLAY」と「DOWNLOAD」の二つのボタンが現れる。「PLAY」を押すとストリーミングで再生され、「DOWNLOAD」を押すと動画の本体が端末にダウンロードされる仕様だ。一旦ダウンロードすると、次回から再生される動画がストリーミング再生よりも若干高画質となる。

VRの没入感を上げるためには、画質や解像度も影響されるため、品質重視で見たいなら「DOWNLOAD」を選ぶと良いだろう(容量が大きい場合は通信量に注意)。

  • STEP4

「PLAY」ボタンを押すと、今度はVRゴーグルで再生するのか、それとも使わずに再生するのかの選択肢が表示される。VRゴーグルを持っている方は、VRゴーグルのアイコンを選択しよう。

アイコンを選択した後、「スマホを横向きにする」と動画が自動的に再生される。

【作品紹介】

『NYTVR』は、冒頭で紹介した「The Displaced」の他にも魅力的な作品が揃っている。

一つ一つの作品が粒揃いで、英語が分からなくても十分楽しめる作品が豊富。

その中でも筆者が見て良かったと感じた、2つの作品をご紹介する。

Man on Spire(尖塔の男)

2001年9月11日にアメリカ、ニューヨークで起きた衝撃的な同時多発テロは記憶に新しいが、その時に崩壊したワールドトレードセンター(世界貿易センタービル)は建て替えられ、現在は高さ546mの「1ワールドトレードセンター」となっている事はご存知だろうか?

Man on Spireという動画では、冒険写真家のJimmy Chinがそこへ登る内容となっている。

動画の見どころは、VRで体感する高所の”恐怖”と、そこから眺める360度パノラマの”ニューヨークの絶景”だ。

VRだからこそ味わえる恐怖と絶景がそこにはあった。

The Click Effect(クリック音)

海の中のVR映像も『NYTVR』では公開されている。

イルカは「ホイッスル音」や「クリック音」と呼ばれる音を水中で使う事は知られているが、その音に注目したのが本作品だ。

鮮明なイルカの「クリック音」を聞けるだろう。

また、沈没船の中をダイバーが探索したりする様子や、イルカ以外の水中生物も出てくるので、ちょっとした水族館気分を味わえるぞ。

【感想】

似たようなアプリは沢山あるが、ストリーミングとダウンロードの両方の方法でVR動画を見れるというのが『NYTVR』の魅力だ。高画質で再生したい時はダウンロードすれば良く、気軽にVRジャーナリズムを体感したいときはストリーミングで見れば良い。

動画はプロが手がけた作品も多く、「メッセージ性」「演出」「見やすさ」のどれを取っても素晴らしい仕上がりである。Google Cardboard等のVRゴーグルを手に入れた際は、まずはこのアプリで高品質のVR体験をしてみては如何だろうか。

また、アプリはVRゴーグルが無くてもスマホを傾ければ360度見渡せる擬似VR動画の視聴も可能な為、VRゴーグルを持っていない方でも楽しめる。