VR対応アプリ「スグマチ」パズル感覚で街づくりを楽しもう!

街づくりのゲームと言えばどんなものを思い浮かべるだろうか。

本物の都市計画さながらの綿密な都市計画を立て発展させていくものや、鉄道網を中心に街を作っていくものなど、様々な街づくりのゲームが世の中には存在する。

しかし、3分ほどの時間があれば1つの街が組み上がってしまうゲームはなかなか無いように思う。

そんな手軽に街づくり体験ができてしまうスマホゲームが「スグマチ」なのだ。

どんなアプリなのかを詳しく見てみよう!

インスタント麺よりも早くできちゃう、マチ作り!

「スグマチ」は、パズルの要領で街づくりができるゲームだ。

一般的に街づくりゲームというと、覚えることが多かったり、そもそも初心者には難しかったり難易度の高いイメージを持たれがちだ。

それが街づくりゲームの奥深さでもあるので、否定したくはないのだが、やはり取っ付きにくさがあるというのは歴然たる事実だろう。

しかし「スグマチ」は、覚えるルールはほとんどなく、パズルのようにスコアアップを目指していけるなど、気軽に遊べるように作られている。

そのため、街づくりゲームを遊んだことがない人でも気軽に街づくりの楽しさを味わうことができるのだ。

街づくりを手軽に体験!

手軽と言ってもどのくらいお手軽なのか、気になるところだろう。

「スグマチ」の街づくりは、画面下にある建造物のアイコンを使って、制限時間内にマス状のマップに配置していくだけでOK。

それだけでももう遊べてしまうのだが、パズルゲームのようにコンボを繋いでいくことで、より大きな街を作ることもできる。

初心者は気軽に入りやすく、慣れてくると色々と工夫しがいのあるゲームデザインになっているのだ。

スコアを上げる楽しみ!

「スグマチ」は街づくりのシステム自体にパズルの要素が組み込まれているのだが、その攻略にもパズル的な遊びが含まれている。

建造物同士をつなげるとより大きな建物になっていき、大きく豪華な建物を作るほどポイントが加算されていく。

用意されているステージでは使える建物アイコンの数が決まっていて、つなげる組み合わせによっては違う建物になったりもするので、工夫を凝らすことでスコアを跳ね上げることもできる。

より高得点を狙うために試行錯誤していけるという、パズル好きにはたまらない仕様にもなっている。

「スグマチ」の遊び方

では「スグマチ」の遊び方をサックリと解説していこう。

ゲームを始めるとミッション選択画面になるので、好きなミッションを選択しよう。

最初は遊べるミッションも少ないが、クリアしていくことで徐々に開放されるぞ。

ミッションを始めると、いくつかの建物アイコンが配られる。

その建物たちを思い思いのマスに配置して、制限時間内に街づくりを行おう。

この時、家は2つつなげると大きくなり、道沿いに作ってもグレードアップするということを覚えておこう。

他にも大きい建物を作るコツはあるのだが、基本的にはこれだけ覚えておけば「スグマチ」を楽しめる。

作ったマチを視察してみよう!

「スグマチ」では、作った街を保存して、実際に見に行くことができる。

作り上げた街をじっくりと観察するのもなかなかいいものだが、『VRモード』で見ることで、より精細な街の動きを感じることができるのだ。

『VRモード』を楽しむにはVRゴーグルと、タップが必要になるため、外部からタップ操作ができるスマホ用マウスが必要になってくる。

実際に作った街を、実感を持って見ることができるのはなかなかに痛快で、ちょっとした市長になった気分になれる。

街を作るために見ていた世界では、実は別の場所に街が広がっていたりして思わぬ発見ができるのもまた楽しいのだ。

さいごに

お手軽に楽しめるところもポイントだが、実際に作った街を見て回れるというのがやはり良い。

他の街づくりゲームでも街を視察できるモードはあったりもするが、VRを使った最先端の視察モードはお目にかかれない。

街づくりと迫力ある視察が楽しめる「スグマチ」は、街づくりゲー好きにもオススメしたいゲームとなっている。

アプリ スグマチ
ジャンル パズル
メーカー BLUE PRINT Inc..
価格 無料
対応機種 iOS/Android
配信日 配信中