【2017年】現在、東京周辺でVR体験ができる場所まとめ【随時更新】

※この記事は2017年7月15日に更新されました。

2016年、VRが様々な場所で普及し「VR元年」と呼ばれるに相応しい幕開けとなりました。

ライトユーザーからヘビーユーザーまで、様々な層に注目を集め、2016年の重要なワードの一つになっていると思います。

今年の東京ゲームショウでも多くのVR体験会が開かれており、どのVRブースでも1~2時間待ちは当たり前、そして発売前だったPSVRに至っては、会場前から整理券が配布終了されるという異例の事態が起こりました。

しかし、VRを体験できる機会があるのは東京ゲームショウだけではありません。

今回は、いつもと違ったデート、遊びに利用できるVR体験スポットの紹介をしていこうと思います。

常設VR体験イベント

VR PARK TOKYO

場所VR PARK TOKYO
東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル4F
料金【平日】
当日入場:1名 3,300円
事前予約:1名 2,900円

【休日】
当日入場:1名 3,500円
事前予約:1名 3,300円
体験時間90分遊び放題
※最初の回(10:00~)のみ100分
営業時間朝10:20の枠 ~ 夜22:05の枠
入場特典1.フリードリンクサービス
2.アドアーズ全店で使用できるゲームクーポン
3.前売りチケット限定特典
アドアーズのメダル設置全店で使えるゲームメダル1000円分チケット

渋谷にある「VRアトラクション施設」VR PARK TOKYO。

6種類以上のVRゲームがあり、一人で楽しめるものから4人まで楽しめるものまで、様々なバリエーションを持ったVRゲームを体験することができます。

例えば、リアルな野球盤VRアトラクション「対戦ハチャメチャスタジアムVR」や魔法と剣を駆使して敵を倒していく、リアルバトルアクションアトラクション「サークルオブセイバーズ」など。

アクセスが良く、協力プレイのゲームが充実しているので、デートにも最適!

東京ジョイポリス ZERO LATENCY VR

場所東京ジョイポリス 1st Floor
東京都港区台場1丁目6−1 DECKS Tokyo Beach 3F~5F デックス東京ビーチ
東京ジョイポリス入場料金500円(小・中・高)
800円(18歳以上)
料金【平日】1名:1,800円
【土日祝日】1名:2,000円
体験時間30分(説明の時間15分+プレイ時間15分)
営業時間朝10:30の枠 ~ 夜21:00の枠
新着情報ソフト第一弾:ZOMBIE SURVIVALは7月9日(日)に終了します。
入れ替わりでソフト第二弾が7月中旬から登場予定!

オーストラリアのZERO LETENCY社が開発した、「世界初」となるフリーロームで6人同時プレイ可能なVRアトラクションです。

VRではヘッドマウントディスプレイを付け、専用のコントローラーで操作するゲームスタイルが一般的ですが、ZERO LATENCY VRではプレイヤーは能動的に動くことができ、より直観的で臨場感溢れるVR体験が可能となっています。

VR ZONE SHINJUKU

[table “21” not found /]

VR ZONE SHINJUKUはバンダイナムコエンターテイメントが展開する、名前のとおりVRなどの最先端技術をとりいれたアクティビティが体験できる施設です。

昨年お台場で開催された「VR ZONE Project I Can」は、大盛況で多くの人でにぎわいました。

VR ZONE SHINJUKUでは、そんなVR ZONE Project I Canをさらに改良し、「エヴァンゲリオン」「ドラゴンボール」「マリオカート」など人気のあるIPを集結して世界の誰もが夢のような体験ができます。

VirtuaLink(お台場、東京スカイツリー)

東京スカイツリータウン〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2
ダイバーシティ東京 プラザ〒135-0064 東京都江東区青海1丁目1−10
料金1名様 1,500円
営業時間10:00 ~ 21:00
対象年齢12歳以上

VirtuaLinkでは、最新VR機器「PSVR」を使った360度の仮想宇宙空間を体験することが可能です。

2017年7月24日より、お台場にも施設が設置されました!カップルにもオススメのVR体験施設です。

シブヤVRランド

場所〒150-0041 東京都渋谷区 神南1−21−3 渋谷MODI B1F
料金2,200円(全コンテンツを1回ずつ体験可能)
1,200円(ウルトラ逆バンジー+1コンテンツ)
体験時間約60分
営業時間11:00 ~ 21:00
対象年齢8歳以上
注意事項・満席の場合、お並びいただくことがございます。
・予約受付は行っておりません。
・全てのコンテンツでVR用衛生マスクの着用が必要です。
・入場料にはVRマスクが含まれます。

2017年3月4日に長崎県佐世保市にあるハウステンボスに、日本最大のVRテーマパークとしてプレオープンしました。

ハウステンボスのコンテンツとしても人気が高く好評のため、2017年6月24日から一部のコンテンツを渋谷VRランドで展開しています。

SEGA VR AREA AKIHABARA

場所〒101-0021東京都千代田区外神田1-11-11外神田1丁目ビルディング クラブセガ 秋葉原新館 6F
アクセスJR 秋葉原駅 電気街口より徒歩3分 中央通り沿い
料金1,500円
プレイ人数1名ずつプレイ (プレイフィールドに最大3名)
プレイ時間8分~15分

クラブセガ秋葉原新館に“SEGA VR AREA AKIHABARA”がオープン

ここでは、VRゲームで人気の「MOTAL BliTZ」を体験できる。しかし、家庭用VR機器で体験する「MOTAL BliTZ」とは一味も二味も違う。

SEGA VR AREA AKIHABARAでは、ガンコンを持ち、実際にMOTAL BliTZの世界を歩いてゲームをプレイすることが可能!

「MOTAL BliTZ」は第一弾とのことですので、今後も新しいコンテンツにも期待です。

池袋サンシャイン SKY CIRCUS

場所東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60F
料金大人1,200円
学生900円
こども(小・中学生)600円
幼児(4才以上)300円
シニア(65才以上)1,500円

TOKYO弾丸フライト 600円 1回/1名様
スウィングコースター 400円 1回/1名様
体験時間30分
営業時間10:00〜22:00
新着情報システム改修の為、2017年4月21日以降の予約受付は休止中。
当日券の窓口販売は「展望台チケットカウンター」にて行っているとのこと。

池袋にあるSKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、二種類のVRアトラクションがあります。

一つは、大砲の筒に入り込み、VRデバイス「HTC Vive」を装着。

展望台を飛び出して、未来の東京の名所を2分間で周るという内容になっています。

また、VRの映像だけではなく、風や砲台の動きを追加した「4D」の臨場感が楽しめるのも、このコンテンツの魅力的な部分でしょう。

もう一つは、ブランコ型のVRアトラクション「スウィングコースター」と呼ばれるものです。

池袋の空を、絶叫マシンのように飛び回ります。

時間帯によって、DayモードとNightモードがあり、複数のコースもある模様です。

VR CENTER

場所埼玉県越谷市レイクタウン3丁目1番地1 イオンレイクタウンmori 3F Right-on横
営業時間10:00 ~ 21:00
新着情報新コンテンツ❗️オバケリアVR クリーピング・テラーが追加されました。
VRコンテンツの料金表
Hashilus600円
リアルモンスターバトル600円
レイクタウンVR 落下体験500円
Urban Coaster600円
BLAST x BLAST600円 or 800円
DYNAMO VR TOURS 伝説の巨大鮫600円
HADO600円
VRホラー600円
恐竜戯画600円

「VR CENTER」は埼玉県越谷市のレイクタウンの3階にあるVR体験施設です。

現在では9種類のVRコンテンツを揃えており、ショッピングモールの一部とは思えないほどの立派なVR施設です。

東京より埼玉の方が近い!という方には「VR CENTER」をお勧めします。

開催予定のVR体験イベント

東京ゲームショウ2017-VR/ARコーナー

場所幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)展示ホール1~11/イベントホール/国際会議場
一般公開日2017年9月23日(土)~24日(日)時間:10:00~17:00
ビジネスデイ2017年9月21日(木)~22日(金)時間:10:00~17:00
料金体系一般(中学生以上)当日1,200円(前売券:1,000円)
小学生以下は無料
新着情報出展社募集中!
申込締切6.2(Fri) 出展社説明会7.4(Tue)

※東京ゲームショウ2016の会場内の様子

 

最後に

これからもっとVR関連の楽しいアミューズメントが増えると思っています。

こちらの記事ではそういった開催中のVRイベント情報のみを随時、更新しますのでVRが好きな方はチェックして下さい!

全国のPCショップでもVRが体験できます。お近くにお店がある方は行ってみてはいかがでしょうか?