【VAQSO VR】女の子の香りと吐息が伝わる「透明少女」が衝撃的だった

東京ゲームショウ2017「VRブース」では、ひと際目立つブースがありました。

テレビやネットで度々話題になっている ”匂いを生み出すデバイス”『VAQSO VR』です。

「VR」と「匂い」が連動したとき、人はどんな感覚に陥ると思いますか?

今回、想像以上の体験をさせて頂いたので、未体験の方に「VAQSO」+「透明少女」の感想をお伝えします。

VAQSOとは?

“VRの映像内で起こる出来事に連動して、匂いを感じることができる” VRデバイスです。

VRコンテンツに匂いが加わることで、さらにリアリティのあるVR体験が可能になります。

透明少女とは?

360度映像の中で女の子と “目で触れ合うことが出来る” VRコンテンツです。

実写VR映像の「撮影・編集」に特化したプロ集団、株式会社シータが提供しています。

『VAQSO VR』で体験する透明少女

「透明少女≮ アイドル」 汐花 ≮ 逢 を体験させてもらいました。

VR空間にある自分の部屋で、アイドルカレッジの石塚汐花さんが楽しそうにはしゃいでるシーンから始まり、自己紹介をするために近づいてきます。

予想以上に近い…。

いや近いって…。(リアルすぎて体が仰け反ります)

この距離で会話されると、吐息(VAQSO VRからくる風)が顔に当たります。

的確な量と強さの風がくるので、流石に私も顔が真っ赤。

VRの可能性に驚き、今回最も感動した部分です。

このように全身を見ることができると、リアリティも段違い。

また、180度を見渡せるという点が更に没入感を高めます。

そして、自己紹介のあとに耳元で「しおちゃん」って呼んでねって囁いてくれます。

OculusRiftに搭載されているヘッドホンは振動も伝えてくれるので、その場で囁かれている感覚がして、初めて仮想空間で恥ずかしいという感情を体験しました。笑

耳元に顔が近づいた瞬間、ふわっと女の子のいい匂いがしました。

女の子って正体不明のいい匂いがしますよね。アレです。

ここまでくると、しおちゃんは自分の彼女なんじゃないか?錯覚してくるほどです。

アイドルには今まで興味がなかったので、石塚汐花さんを全く知りませんでしたが、体験後に名前で検索をしてしまうほど気になってました。笑

匂いと風、そしてVRの組み合わせは想像以上の体験をさせてくれます。これは実際に体験しないとわからない感覚だと思います。興味のある方は今後のイベントなどで、ぜひ一度体験してみて下さい!

体験後にはVRの購入を検討していることでしょう。

ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』

VAQSO VRのブースには透明少女の隣にラーメン屋のVRゲーム『カウンターファイト』が設置されていました。

VAQSOで体験するラーメンゲーム・・・。

食べ物の匂いの再現度が気になったので、こちらも体験してみました!

ゲーム内容は、プレイヤーがラーメン屋の店主となり、来店する客の注文を正確に提供するといったもの。

スープのニオイ、餃子がジュージューと焼ける音、ニラの臭い、ヴァーチャル空間で食べ物を感じる日がくるとは…。

触感や味覚はありませんが、匂いは未だに覚えています。

ニオイで食べた感覚や多少の満腹感を得られれば、ダイエットなども成功しやすくなるかもしれません。触感や味覚については、今後のさらなる発展に期待ですね。

VAQSO VRは2018年春に発売予定。

現在は匂いのカートリッジを3つまでしか挿せませんが、製品版として提供される「VAQSO」は5個のカートリッジを挿せるように拡張するとのこと。

今後もVRと合わさる感覚面での技術の進歩から目が離せません。

製品名 VAQSO
サイズ 横120×高さ15×幅35(mm)
バッテリー 2時間
匂いの持続 1ヶ月
匂いの種類 食べ物や銃の硝煙、女性の香り
発売日 2018年春予定