注目を集めている「VR」とは?VRで遊ぶのに必要なものは?

Virtual Reality (ヴァーチャルリアリティ)とは?

2016年10月13日にプレイステーションVRが発売されてからさらに「VR」という単語を目にするようになったと思います。

VRとは、コンピューターで人工的な環境を作り出し、映像と音響であたかもそこに居るような感覚を体験をすることです。日本では「仮想現実」という呼ばれ方もします。

 

VRで遊ぶために必要なもの

VRを楽しむには、画像のような専用のゴーグル等が必要になってきます。
_
スマホ用のVRゴーグル、プレイステーション4で遊べるPSVRなど、様々なVRゴーグルが販売されています。

 

PlayStationVRで遊びたい方が必要なもの

137989a43866ab3d618767b1fc3c1b77

・PSVR本体とPS4

・イヤホン・ヘッドホン

・PlayStationMove・PS4コントローラー(DUALSHOCK4)

・PS4camera

公式サイトによると、「一部のタイトルではPlayStationMoveモーションコントローラーを使用しますが、ほぼ全てのPSVRタイトルはDUALSHOCK4で遊ぶことができます。」と表記されています。

このことからPlayStationMoveモーションコントローラーは必須ではないことが分かります。

 

次にPS4カメラですが、体の動きを感知したり、様々な用途があるようです。

dam-psvr-playarea

公式サイトのQ&A

PlayStation®Cameraにはどんな使い方がありますか?

自分の顔のデータをあらかじめPS4™本体に登録することで、DUALSHOCK®4の代わりにPlayStation®Cameraの顔認識で自分のアカウントにログインすることができます。
また、PS4™のホーム画面では、DUALSHOCK®4に接続したモノラルヘッドセットのマイクもしくはPlayStation®Cameraに向かって声で指示を出して、音声でゲーム開始やシステムの電源を切るなどの操作ができます。
PlayStation®CameraはDUALSHOCK®4のライトバーを認識し、複数のプレイヤーで遊ぶ際にライトバーの色とゲーム内のキャラクターの色が連動しますので、自身の操作するキャラクターが簡単に識別できるようになります。

PlayStation®Cameraがないと、PlayStation®4は遊べないの?

PlayStation®Cameraがなくても、PS4™をお楽しみいただけますが、PS4™専用ワイヤレスコントローラーDUALSHOCK®4とPlayStation®Cameraを組み合わせることで、様々なゲームの楽しみ方を更に広げることができます。

PSVRにはバイオハザード7やグランツーリスモ、FF15などのビッグタイトルが控えています。

これからVRのゲームソフトが増えるにつれて、PlaystationCameraが必要になってくる場面が多くなりそうですね。

製品 希望小売価格 備考
PlayStation VR CUHJ-16000 44,980円+税 PlayStation4専用VRゴーグル,ヘッドホン

PlayStation VR PlayStation®Camera同梱版

49,980円+税 PlayStation4専用VRゴーグル,  ヘッドホン, PlayStation®Camera

 

PSVRを快適に遊ぶにはPS Pro, 最新PS4(CUH-2000), PS4(CUH-1200)のどれがお勧め?

 

PS4 Pro 発売日:2016年11月10日

playstation-4-pro-horizontal-product-shot-01-us-07sep16
PS4 ProはCPU(情報を処理する部分)とGPU(映像の速度と美しさに関係する部分)の性能が最も高く、4Kディスプレイに対応したモデルです。

大きさは初代機よりも幅20mm, 高さ2mm, 奥行22m ふえているので、設置スペースの確認が必要かも知れません。

4Kテレビでやりたい方や高画質で遊びたい方にはぬるぬると動くPS4PROがお勧めですが、値が張ります。

VRに関してもPS4PROなら性能、動作的に問題はないでしょう。

 

 

PS4(CUH-2000)通称「PS4 slim」 発売日:2016年9月15日

147328527117140818177_20160908_04
PROの次に性能が良く、29,980円と安価です。

こちらもVRの動作やスペック的問題はありません。

公式でも今後出るPSVR作品は全てPS4(CUH-2000)に対応する予定だと言っています。

 

 

PS4(CUH1200)メーカー生産終了 発売日:2015年6月24日

e8221a48

PS4(CUH1200,1100,1000)でVRが動作するか不明です。

公式ではPS4(CUH-2000)以降は対応すると言っているので、もしかすると遊べないかもしれません。

 

PS4PRO, PS4(CUH-2000), (CUH-1200)比較表

製品 PS4PRO PS4(CUH-2000) PS4(CUH-1200)
価格 44,980円 500GBモデル:29,980円
1TBモデル:34,980円
500GBモデル:36,690円
1TBモデル:42,998円
CPU 2.1GHz 1.6 GHz 1.6 GHz
GPU 4.2 TFLOPS 1.84 TFLOPS 1.84 TFLOPS
メモリ 8GB GDDR5 8GB GDDR5 8GB GDDR5
HDD 1TB 500GB/1TB 500GB/1TB
重さ 3.3kg 2.1kg 2.5kg
最大消費電力 310W 165W 230W
Wifi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 b/g/n

この記事を見て購入を考えている方はPS4PROかPS4(CUH-2000)の購入が良いと思われます。
PS4PROとPS4(CUH-2000)の性能差は約二倍ほどありますが、PS4(CUH-2000)でもVRは十分に遊べます。

安さとコンパクトで選ぶならPS4(CUH-2000)

4Kテレビがある方やグラフィックス品質や画質・フレームレートにこだわる方はPS4PRO

 

パソコンでVRを楽しみたい方が必要なもの

「OculusRift」

・価格:Amazonで88,800円 (付属品:XboxOneコントローラー, 赤外線センサー, リモコン型コントローラー)

・対応ハード:PC

・PCに必要なスペック
グラフィックボード:NVIDIA GTX970以上
CPU:Intel Corei5-4590以上
メモリ:8GB以上
OS:windows7 SP1以降

・ゲームをダウンロードできる場所(プラットフォーム):Oculus Store , SteamVR

 

2016年3月28日に販売が開始されたVRの火付け役、OculusRift。

性能とコントローラー(Oculus Touch)の完成度は非常に高いですが、値段も高いです。

親会社がFACEBOOKなので、アプリ系にも期待できます。

OculusRiftのみで遊べるゲームには良質なものが多く、マインクラフトも10月18日のアップデートからOluculus touchに対応しました。

そして、「SteamVR」で配信されているゲームもプレイできます。

動画に出ているかっこいいコントローラーは2016年12月6日に出荷予定。


 

「HTC Vive」

・価格(税込み):107,784円 (付属品:Viveヘッドセット, Viveコントローラ×2, ベースステーション, リンクボックスイヤホン, Viveアクセサリ,)

・対応ハード:PC

・PCに必要なスペック
グラフィックボード:NVIDIA GTX970以上
CPU:Intel Corei5-4590以上
メモリ:4GB RAM以上
OS:windows7 SP1以降

・ゲームをダウンロードできる場所(プラットフォーム):SteamVR, Viveport

 

世界最大規模のPCゲームコンテンツ配信サイト「Steam」を運営するValve社から販売が開始されたHTC Vive。

2台のカメラでユーザーの動きを背面からも感知し、座る・寝そべる・後ろを向くといったあらゆる動きに対応しています。