友人や家族、恋人とのデートにも最適?VirtuaLinkでVR宇宙を体験した感想!


2017年6月26日、東京ソラマチ®にてオープンした集団体験型VRサービス「VirtuaLink」を体験してきました!

当記事では、VirtuaLinkの良い点やチケットの価格から混雑状況、実際に体験した感想をお伝えしたいと思います。

「VirtuaLink in TOKYO SKYTREE TOWN」とは?

  • 池袋サンシャインシティの『コミカミノルタプラネタリウム “満天” in Sunshine City』
  • 東京スカイツリータウンの7階にあるコニカミノルタプラネタリウム”天空” in TOKYO SKYTREE TOWN®

これらの施設を手掛けた、世界有数のプラネタリウムメーカーである「コミカミノルタプラネタリウム株式会社」が提供する全く新しいVR体験施設が『VirtuaLink in TOKYO SKYTREE TOWN®』です。

施設内には座り心地の良い卵型のチェアが他人とぶつからない位置、そして知り合いとの声が届く丁度良い範囲で設置されており、気兼ねなくVRを体験することが出来ました。

肘掛けの部分にPS VRが置かれています。

着席後はナレーターの方がPS VRとヘッドホンの装着を丁寧に説明してくれます。

VirtuaLinkで体験可能なワンダーポットとは?

最大50人で同時にプレイできるワンダーポッドは、2人乗りの宇宙船(ポッド)に乗り、宇宙空間で起こるミッションを協力しながらクリアしていく新感覚VRアプリです。

頭の向きで視線を動かすことでキャラクターを操作できます。
直感的にプレイできるので、ゲームが苦手な方でも気軽に遊べるという点も「ワンダーポッド」の魅力の1つ。

40分ほどの体験時間でこなすミッションは、参加者の全員で行うものとなっており、協力が必要なゲームなので、ワイワイとプレイできるのが特徴です。

声を出しても問題ありません。

みんなで『あっちだ!こっちだ!』と声を出しながらプレイすることで最大限にワンダーポッドを楽しむことが出来ます。

ワンダーポッドの内容を簡単にご紹介

ゲーム開始後、性別と星座を選択します。右の薄暗くなっている部分は一緒にプレイしている人の画面です。

選択画面はもちろんのこと、隣に座っているプレイヤーのアバターも見ることができます。

地球を作ろう

<YouTube参考動画>

最初のミッションは地球や月を作り出すところから始まります。

星を作るためのオーブに目線を合わせることにより、サポートキャラクターが宇宙空間にオーブを投げ飛ばして、星を生成してくれます。

しかし、星の生成にはタイムリミットがあるため、急がなければなりません。

隣の人と同時にオーブを投げたり、アバター同士で見つめ合うことで星の生成が加速されるなどの隠れ要素も!?

地球を防衛しよう

動画にはありませんが、後半は地球防衛ミッションが開始されます。

隕石から地球を守るというミッションなのですが、これがまた難しい…。

プレイしている全員で防衛バリアに目線を合わせるとバリアが大きくなり、地球を守ることが出来ます。

しかし、全員で同じ部分だけを見つめてしまうと、他の場所から飛んでくる隕石を防げなくなります。

後半につれて隕石の数と速度が増すため、思わず盛り上がってしまう内容でした。笑

混雑状況や客層・コンセプトについてインタビューしてみました!

PenguinVR
静かにプラネタリウムを楽しむ内容だと思っていたのですが、なぜワイワイ楽しめるような内容にしたのでしょうか?
VirtuaLink
宇宙空間でVRとなると、孤独感を感じさせてしまう可能性があったからです。寂しくなってしまうということが無いように、みんなで繋がってワイワイできるような内容にしました。

 

PenguinVR
今回、「ワンダーポッド」が第1弾とのことですが、第2弾、第3弾といったようにコンテンツの追加はあり得ますか?
VirtuaLink
そうですね。もちろん第2弾、第3弾とコンテンツを追加していく予定です。ワンダーポッドで学んだことを生かしたコンテンツを追加できれば良いなと考えています。
VirtuaLink
新コンテンツとして要望が多いのは、本当のプラネタリムのような星をゆっくり眺めるVRコンテンツです。次回のコンテンツについては検討中です。

 

PenguinVR
VirtuaLinkの混雑状況を教えて下さい。
VirtuaLink
平日でもお昼以降の回はほぼ満席で、休日は朝から満席の状態です。

 

PenguinVR
チケットの予約は可能ですか?また、フラっときて体験することは出来ますか?
VirtuaLink
インターネットでのチケット予約は行っておりませんが、VirtuaLinkの受付では、その日のうちのどの回でも事前にチケットを購入することが可能です。大体、2時間先の回なら間違いなくチケットが購入できると思います。あとは、平日の朝であれば事前購入なしで体験できる状態です。

 

PenguinVR
客層、男女比はどうでしょうか?
VirtuaLink
1人、もしくは2人組の女性やカップルの方が多いですね。

 

やはり、コニカミノルタさんの宇宙をフォーカスしたVR作品だけあってカップルや女性の方に人気のようですね!
ちなみに私は男1人で参加させて頂きました・・・。
周りには女性しかいませんでしたが、ヘッドセットしちゃいますし、関係ありません!笑

感想まとめ

「VirtuaLink」の画像検索結果

個人的にVirtuaLinkの『ワンダーポット』はVRを体験したことがない方におすすめの体験施設だと思います。

VRヘッドセット装着の丁寧な説明から施設内の雰囲気作りまで、VR初体験には最適な施設でした。

2017年7月24日には『コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ』がオープンします。

ダイバーシティ東京 プラザでは、36人同時体験が出来る空間を2エリア設置、合計72席用意されているとのこと!

夏の連休の際に体験してみてはいかがでしょうか?

施設概要:VirtuaLink in 東京スカイツリータウン

料金 1名様 1,500円
対象年齢 12歳以上
営業時間 10:00~21:00(年中無休)
アクセス GoogleMap

料金・チケット・体験スケジュールの詳しい情報に関してはこちらをご覧ください。

施設概要:VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ

料金 1名様 1,500円
対象年齢 12歳以上
営業時間 10:00~21:00
アクセス GoogleMap

料金・チケット・体験スケジュールの詳しい情報に関してはこちらをご覧ください。