VR酔いに備える対策方法とVRで酔ってしまったときの改善方法

現在、ゲームセンターやテーマパークなど様々なシーンで「VR」が登場している一方で「VR酔い」のせいで満足にVRを体験できない人も少なくありません。

話題のVRをいざ体験してみると「VR酔い」がひどくて遊べない。

そんな「VR酔い」がなぜ起こるのかというメカニズムと防ぐ方法、または対策方法を探している人におすすめのVR酔い対策を紹介します。

どうしてVRで酔ってしまうの?

「酔い」と言えば、車酔いが一般的ですよね。

車の酔いは運転中の振動で上下左右に体が揺れているにも関わらず、車の空間にいる搭乗者の実際のカラダはじっといるだけなので、目で見る情報と自分の体が現実で覚えている感覚との不一致の差つまり感じるバランス感覚がズレ、脳が混乱して酔いの症状となってカラダに現れるのです。

VR酔いの病理そのものは解明されていないものの、車酔いと同様と考えられ、人称視点の仮想現実と自分のカラダが現実で覚えている感覚の不一致がバランス感覚のズレが起こりVR酔いが発生してしまうのです。

VR酔いは治らない?やっぱり酔う人には遊べないコンテンツ?

「今後もVRが楽しめないんじゃないか?」

今後VRのゲームやコンテンツが活発になればなるほど気になるところですよね。

友達や同僚、恋人と、VRアトラクションやゲームコンテンツなどで遊ぶときに「酔ってしまうから・・・」とお誘いを断るのも、やっぱりチョット寂しいですよね。

しかしながら、最初からVR酔いがなくVRアトラクションなどを楽しめる人がいるように、VR酔いには個人差があります。

VR酔いの個人差は、バランス感覚を感じる「三半規管」が影響しているのではないかと言われています。

車で酔ってしまう方は何回も乗ることで慣れたり、事前に酔い止めを飲んだり食べ物に気を付けたりしていますよね。

つまり、VR酔いがひどい人でも対策次第で楽しめるコンテンツになる可能性はゼロではないということです。

VR酔いの原因から考えられる対策を紹介します。

VR酔いに打ち勝つ「VR酔い対策」とは?

考え方として、実際にVR体験を積み重ね「慣れて克服する」という対策が有効であると考えます。

実際に車酔いが激しかった子供が大人になると全く車酔いをしない、これは三半規管の成長が大きく関係していると思いますが、

これに関しては「慣れて克服している」という部分もあるのではないでしょうか。

そこで少しずつ慣れながら克服する対策方法とVR酔いになってしまった方の対処方法を紹介します。

VR酔いになってしまった際の対処方法

既に酔ってしまっている方向けに対処方法を先に書かせて頂きます。

.窓を開けて外の空気を吸って気分を転換しましょう。

.横になれる状況であれば横になりましょう。寝てしまうのが一番だと思います。
酔いというのは時間が経てば治るとよく言われています。体を休めることをお勧めします。

.頭を動かさないように安静にする。症状が軽いのであればストレッチもアリ。

.目の動きを少なくするために出来るだけ遠くを眺める。

他にも酔いの解消に役立つ対処方法はありますが、すぐに出来るのは上記の4つだと思います。

1.VR酔い対策<まずは酔いにくいコンテンツを短く行う>

前述のVR酔いの原因から考えると、カメラ操作速度、キャラクター移動速度が早ければ早いほどバランス感覚が乱れやすくなりVR酔いが発生しやすくなります。

ですので慣れるためには徐々にレベルをあげていくことが大切です。

重要になってくるのはVRコンテンツの選択です。

なるべくコンテンツを選ぶ時はスピード感のあるコンテンツは避け、静止画が多いものを選択しましょう。

VRゴーグルの使用時間の長さにも同様のことが言えます。

最初は5分から10分程度と短く使用し、慣れてきたら少しずつ時間を長くVRをトライしてみましょう。

荒療治ともいえますが、あなたが3分も持たなかったのに10分もVRを楽しめるようになれば成功と言えますよね。

2.VR酔い対策<意識して「目を閉じる」「まばたきをする」>

ゲームの合間にしっかりと休憩をはさみながらVR体験をするのが理想ですが、プレイ中にもできるだけ「まばたき」や「目を閉じる」という『眼の休息』をスキマに行うことで一つのVR酔いの対策となります。

3.VR酔い対策<VR酔いに効く飲み物や食べ物は?>

■チョコレート

チョコレートのカフェインが脳を覚醒して集中力を高めるので、酔いが起こりにくくなります。

また「噛む」という行動にも覚醒の効果があるので、「ガム」や「さきいか」もオススメです。

■梅干し

大量の唾液は三半規管のバランスを整える効果があるうえ、梅干しの酸味は胸のむかつきを抑制する効果があります。

ただし同様に大量の唾液が出る食べ物として「レモン」がありますが、柑橘類は吐き気を悪化させることもあるので、やはりオススメは梅干しです。

また乳製品なども吐きやすくなってしまうのでNGです。

4.VR酔い対策<酔い止め薬>

海外でも急速に普及しているVRですが、VR酔いは国外問わず同様の問題です。

そこで「酔い止め薬」を使用してVRを楽しむ旨の内容を見かけることが増えてきました。

「医学的に酔い止め薬がVR酔いに効果があるのか?」という検証などはされておらず、酔い止め薬の代表的な副作用に、眠気、口の渇き、目のかすみ、便秘などがあります。

全く効果がないのか?と言われると検証結果などもないので「明言ができない」としか言えません。

もし使用する場合は副作用があるという事は前提として踏まえて服用しましょう。

『VR酔い』に備える対策とは<まとめ>

今までVRコンテンツを楽しむことができなかったのであれば、まずはVR酔いの原因を理解して、VRコンテンツを選んでください。

そしてあなた自身がどのような症状が出やすいのかを理解し、少しずつ慣れていく。

最終的にはVR酔いを気にせずVRコンテンツを楽しめるようになっていただければと思います。