【iPhone,Android対応】おすすめのスマホVRゴーグルを値段や特徴で比較

※この記事は2017年7月20日に更新されました。

目次

臨場感あるVR(ヴァーチャル・リアリティ)に欠かすことのできないスマホVRゴーグルは、様々なメーカーから発売され、簡易的なものから高スペックな商品まで幅広く販売されています。

選択肢が広がるのは素晴らしいですが、どれを選べば良いのやら。。。

やはり、コスパが良く、評判の良いスマホVRゴーグルを購入したいですよね。

今回はあなたにおすすめの『スマホVRゴーグル』を値段や特徴から比較をして紹介します。

今、あなたが求めるスマホVRゴーグルを見つけて臨場感あるヴァーチャル・リアリティの世界観を体験しましょう!

知名度が高く、Amazonでも人気のVRゴーグルをまとめてみました。

商品名 値段 視野角 対応スマホ メガネ
Gear VR with Controller 6,705円 101° Galaxy Gear VR S6/S6 edge/S7 edge
Google Cardboard 1,296円 90° Android・iPhoneほとんどの4.6-6.0インチスマホが対応可能
Urgod 3D VRゴーグル 1,699円 120° Android・iPhoneほとんどの3.5-6.0インチスマホが対応可能
VOX 3DVRゴーグル 1,699円 97° Android・iPhoneほとんどの4.0-6.0インチスマホが対応可能
VOX PLUS Gear+ 1,999円 不明 Android・iPhoneほとんどの4.0-6.5インチスマホが対応可能
VR BOX 1,178円 85~95° Android・iPhoneほとんどの4.6-6.0インチスマホが対応可能
Stealth VR 10,530円 92° Android・iPhoneほとんどの4.6-6.0インチスマホが対応可能 ×
VR SHINECON 5,699円 110° Android・iPhone3.5-5.5インチスマホが対応可能 ×

Gear VR with Controllerの値段とおすすめポイント

■Galaxy Gear VR S6/S6 edge/S7 edge対応 SM-R322NZWAXJP 【Galaxy純正 国内正規品】


価格: ¥ 11,586
視野角:101°
対応スマホ:Galaxy Gear VR S7 edge / S6 edge / S6
メガネ:可能
購入場所:Gear VR with Controller【Galaxy純正 国内正規品】

Oculusの専用コンテンツが楽しめる

本格的なVR「Oculus」のコンテンツが楽しめるのがこちらの「Gear VR」

100以上あるゲームアプリを臨場感ある360°の大迫力画面で楽しめます。

そして、DMMVR動画の視聴にもお勧めされているゴーグルです。

GearVRをもっと詳しく知りたい方はこちら

視野角が従来より拡大

従来のモデルから視野角を101°に拡大し映像のドット感を極限まで減らし、没入感が高くコスパが良いスマホVRゴーグルです。

Galaxyスマホのみの対応となるので、他のユーザーが使用できないのがデメリット。

ユーザーレビュー

VRを手軽に楽しむなら

他の安いVRよりも作りがある程度しっかりしており没入感がある程度あります。

この値段でここまでできるのはなかなか他にないです。

まずGalaxyしかできないのが問題点ではありますが、専用という事もあり操作性もしやすく問題はないのですがGalaxy自体の評価がこのところの問題もあって下がってきているので、勿体無い感があります。

VR自体まだ出始めなところもあるので、この技術を応用して他の機種やよりアプリの充実等ができたらより評価されるものになっており、現時点では使いどころが試してやってみる楽しさぐらいしか無いので、新しいもの好きでなんとなくVRてどんなんだろうていう方にはおすすめです。

GearVRはこんな人におすすすめ

・Galaxy Gear VR S6/S6 edge/S7 edgeを持っている人
・本格的VRコンテンツ「Oculus rift」を楽しみたい人
・お手軽スマホVRゴーグルから、さらにワンランク上を楽しみたい人

Google Cardboardの値段とおすすめポイント

■ハコスコ社製 Google Cardboard V2(グーグル・カードボード)


価格:1,296円
入門的スマホVRゴーグル
メガネ:カスタマイズで可能
視野角:90°
対応スマホ:Android・iPhone
購入場所:ハコスコ タタミ2眼 (iPhone5/6/6Plus/7/7Plusサイズ対応)

入門的スマホVRゴーグル

Google Cardboardは素材がダンボールなので、比較的安い価格で手に入る、お手軽さが特徴のスマホVRゴーグルです。

ハコスコ社から販売されているダンボールゴーグル(ハコスコ タタミ2眼T2)は1,200円で購入できます。

ダンボールということもあり、テープで固定したりボンドで止めたりと、自分仕様にカスタマイズしたりする人もいます。

良い意味で自作的にカスタマイズしやすいVRゴーグルと言えます。

※Google Cardboardとハコスコの違い

Google Cardboardは、Googleが2014年に発売した商品です。
このゴーグルは、Googleが提供しているGoogle Cardboardの図面にハコスコ社が工夫を加えたVRゴーグルです。

Cardboardとハコスコアプリが楽しめる

android&iOSに対応したCardboardアプリとハコスコアプリがあります。

アプリ内にはたくさんのコンテンツが用意されており、Google Earthで世界を旅したり、自分で360°のパノラマ写真を旅行などで写真を撮影すれば思い出の旅行を追体験ができます。

またyoutubeでお手軽に360°VR体験をすることもできます。

ハコスコについて詳しく知りたい方はこちら

ユーザーレビュー

1,000円ちょっとの異空間デビュー

毎年言われ続けたVR元年がようやく来た気がする中で、スマホを簡単にセットできて異空間が味わえる、1,000円ちょっとのお手軽デバイス。

説明はほどんど無いものの、絵と番号を見て、想像しながら組み立てる工作感覚も楽しい。

Android/iOSどちらにも対応する最小公倍数的な仕組みなので、細かいところは最適化されていないが、価格以上の価値がある製品だ。

難を言うと、人によってバラバラな左右の瞳の瞳孔間距離が全く調整できないことと、メガネを掛けたままでは使えないこと。

もっとも、本体が段ボール素材なので、自由に加工しやすい。

ダンボールゴーグルはこんな人におすすめ

・VRの世界観をとにかく試してみたい
・使用者が多いゴーグルを使いたい (メリット:情報が多い)
・VRで必要最低限のコンテンツが楽しめればいい

Urgod 3D VRゴーグルの値段とおすすめポイント

■iphone&android全ての”3.5~6.0″インチ スマホ 対応

価格: ¥1,699
視野角:120°
対応スマホ:Android・iPhone
ほとんどの3.5-6.0インチスマホが対応可能
メガネ:ピント調節機能があるので、メガネなしで観ることが可能。
購入場所:Urgod 3D VRゴーグル

負担を軽減した設計

Urgodはつけ心地を重視して作られています。

調節可能なT型ヘッドバンドと人体工学に基づいた「ストラップデザイン」で、顔にかかる圧力を分散しているので、長時間の使用にも向いています。

そして、Urgodの一番の魅力「視野角」

他のVRゴーグルと視野角を比べてもトップクラスの広さです。

視野角が広いと臨場感を楽しみやすくなるので、映画・動画を見たい方にはオススメのVRゴーグルです。

メガネは入りませんが、ピント調節機能があり、600°までの近視であれば裸眼でも楽しめます。

Urgod 3D VRゴーグルはこんな人におすすすめ

・お手軽価格でVRを体験してみたい
・つけ心地の良いVRゴーグルを探している
・メガネを外して見れるゴーグルを探している

VOX PLUS 3DVR ゴーグルの値段とおすすめポイント

■iphone&android全ての”4.0~6.0″インチ スマホ 対応

価格: ¥1,699
視野角:120°
対応スマホ:Android・iPhone
ほとんどの4.0-6.0インチスマホが対応可能
メガネ:ピント調節機能あり。メガネを掛けたままでも装着可能。
購入場所:VOX 3DVRゴーグル

視力0.2の人でも裸眼で見れる!

AmazonのカスタマーQ&Aには「私は視力が0.2ですが、体験できました!」「メガネありでも見れましたよ。」「裸眼0.1ですが、不満なく使用できました」とメガネを掛けている方、視力の良くない方にお勧め出来るような口コミが多く寄せられていました!しかし、メガネの大きさは人それぞれですし、裸眼でピント調節すれば見れるというのも人それぞれです。

VRゴーグルは鼻の高さに応じて隙間ができてしまいますが、VOX 3DVRゴーグルには隙間を埋めるシートなども付属しており細かい配慮が好印象でした。

しかし、注意点もあります。それはタップ機能がないこと。

タップ操作が必要なアプリを使う場合、「Bluetoothリモコン」などが必要です。

VR対応ゲームをプレイしたい方はコントローラーの購入をお勧めします。

VOX 3DVR ゴーグルゴーグルはこんな人におすすすめ

・お手軽価格でVRを体験してみたい
・メガネを掛けて体験したい
・メガネを外して体験できるゴーグルを探している

VOX PLUS Gear+ 3DVRゴーグルの値段とおすすめポイント

■iphone&android全ての”4.0-6.5″インチスマホ 対応

価格: ¥1,699
視野角:120°
対応スマホ:Android・iPhone
ほとんどの3.5-6.0インチスマホが対応可能
メガネ:ピント調節機能があるので、メガネなしで観ることが可能。
購入場所:VOX PLUS Gear+ 3DVRゴーグル

先に紹介した「VOX PLUS 3DVRゴーグル」と基本的には同じ性能ですが、6.5インチまでの大きいサイズのスマホまで対応しているのが「VOX PLUS Gear+」です。

スマホのサイズが大きい方にはこちらがお勧めです。

付属品と注意点

VOX PLUS Gear+は顔に当たるスポンジが取り外し可能で、洗うことができ、VRゴーグル専用の収納袋が付属されています。

注意点はVOX PLUS 3DVRゴーグルと同じくタップ操作機能がないので、リモコンが必要となります。

VOX PLUS Gear+ 3DVRゴーグルはこんな人におすすすめ

・清潔に使いたい
・6.5インチの大き目のスマホを所持している

VR BOXの値段とおすすめポイント

■VR BOX 3Dメガネ ゲーム 映画 ビデオ スマートフォン向け ヘッドバンド付き 頭部装着

価格: ¥1,178
視野角:96°
対応スマホ:Android・iPhone
ほとんどの4.6-6.0インチスマホが対応可能
メガネ:可能
購入場所:VR BOX 3Dメガネ ゲーム 映画 ビデオ スマートフォン向け

片目ずつ視力が違う人に最適な調整ができる

こちらのVR BOXはIPD(瞳孔間距離)の調整を片目ごとに行うことができます。

つまり、あなたの片目ごとの視力に対して精度の高いピントの調整が可能です。

メガネを装着したままも使用できるため、片目だけ乱視や近視の人にもおすすめです。

ダンボールゴーグルを下回る価格

こちらのVRBOXわずかながら、Google Cardboardより安価に購入できます。

つまりダンボールゴーグルよりお手軽なHMD(ヘッドマウントディスプレイ)です。

価格が安価ですので、一緒にbuletoothリモコンを購入することで快適にスマホVRを体験できるでしょう。

・JPUP ワイヤレス万能リモコン ゲームパッド

VR BOX(890円)+『3Dメガネ』カテゴリ1位のリモコン(999円)=1889円。
こちらの商品は要注意

Bluetooth 万能リモコン PCやスマホやタブレットを操作できます。
スマホ(iOS, Android)に対応

※VR動画の視聴や音楽の操作に問題はありませんが、ゲームとなると操作性に不満を感じるかもしれません。取り扱い説明書も英語の部分が多く、電池が上手く入らないなどの不具合が多いようです。

・BlitzWolf Bluetooth万能リモコン ゲームパッド Android PCに対応(VR用)

こちらのVR専用リモコンはお勧めです。

VR BOX(890円)+『PCゲーム』カテゴリ1位のVRリモコン(1,499円)=1889円。

VR BOXユーザーレビュー

300度近視の人でも綺麗にVR画像が見ました。

早めに届きました。箱を開けた感想は、デカッ!調節機能がありますが、ピントが合うまで酔いそうになります。

300度近視の人でも綺麗にVR画像が見ました、左右独立で焦点距離調整ができるため、近視の人でも眼鏡なしでクッキリと見えるくらいのところまで調整できるため、眼鏡は不要だ。レンズの性能がよくて視野が広い、綺麗にVR画像が楽しめました。

家族へと一緒に見て本当の3Dのバーチャルリアリティ空間が再現されるのには驚きます。

VR BOXはこんな人におすすすめ

・視力に自信がない人
・価格をおさえてリモコンも購入したい人
・HMDスマホVRゴーグルを最安値で購入したい人
(2017年2月現時点)

Stealth VRの値段とおすすめポイント

■A4T スマートフォン対応[4~6インチ]VR200WHT ホワイト

価格: ¥ 10,530 (2017/2/1 5時時点)
視野角:92°
対応スマホ:Android・iPhone
ほとんどの4.6-6.0インチスマホが対応可能
メガネ:不可
販売場所:A4T スマートフォン対応ゴーグル VR200

ゲーム周辺機器のトップブランドが作ったVRゴーグル

PS向け公式ライセンス機器で欧州でシェアNo.1を誇る、ゲーム周辺機器のトップブランド、英アクセサリーズ・フォー・テクノロジー(AT4)が発売したスマホVRゴーグル。

旧型のモデルと比較すると直径が約1.3倍にもなる42mmの大型非球面レンズを採用。
より広視野角で没入感の高いVR体験ができるようになりました。

なによりゲーム周辺機器販売会社が製造したスマホVRゴーグルですので、ぜひVRゲームに使いたいですよね。

Stealth VRはARアプリに対応している

Stealth VRは前面のマグネット式のパネルを外すことで、バーチャル・コンテンツを重ねるAR(拡張現実)のアプリにも対応しており、その世界観を楽しめるスマホVRゴーグルです。

ARとは言葉の通り、現実を拡張するというもの。

画像などの表示される映像に実際にその場にないはずの映像やCGを重ね表示させるものです。

わかりやすい事例でいえば、スマホカメラアプリ。

被写体の後ろで雪を降らせたりして現実を加工していますよね。

あのような機能がARになります。

動画ではVR100を使用してますが、VR200でも同様の体験ができます。

stealthVRはこんな人におすすすめ

・VRでカメラアプリを楽しみたい
・ノーブランドではないVRゴーグルがほしい
・ゲーム用として使用したい

VR SHINECONの値段とおすすめポイント

■VR SHINECON 4代目ゴーグル+リモコン 最新型 VR ゴーグル

価格: 5,699円
視野角:110°
対応スマホ:Android・iPhone
4.5-6インチスマホが対応可能
メガネ:不可
購入場所:VR SHINECON 4代目ゴーグル+リモコン 最新型 VR ゴーグル

高級感さえ漂うスマホVRゴーグル

作りがかなり、しっかりしている印象のVR SHINECON。

ヘッドバンドの装着も滑らかで、フィット感も良いです。

Stealth VRと同様に前面のパネルが外れるようになっており、放熱性やカメラアプリの操作も可能です。

リモコンとヘッドセットで臨場感アップ

こちらのVR SHINECONは受話機能やリモコンなどが充実しているので、鑑賞途中での操作でゴーグルを取外す回数を減らすことができます。

さらにリモコンを使用することでゲームへの没入感や臨場感などもさらにアップします。

さらにヘッドセットもついているので、バイノーラル録音の音質にも対応、より一層の臨場感が体感できます。

VR SHINECONはこんな人におすすすめ

・ゴーグルの取付や取外しを極力少なくしたい
・ゲームや映像にさらに没頭したい
・安定感のあるスマホVRゴーグルがほしい

【まとめ】

今回ご紹介したスマホVRゴーグル以外にも、多くのゴーグルが販売されています。

VRを体感するにはマストアイテムになりますので、あなたの中で、何を重要とするかをしっかりと考えたうえで購入しましょう。

今回の記事があなたのスマホVRゴーグルの参考になれば幸いです。

スマホVRゴーグルの選び方を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。