VRシミュレータアプリ「バーチャルリアリティジェット」で戦闘機の空中戦体験!

飛行機や戦闘機の操縦をしてみたいと思うのは、きっと男性なら誰もが分かる浪漫だろう。

あの大きな機械をコントロールできるというワクワク感に、大人や子どもの垣根はない。

「バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ」はそんなワクワクを、リアルに体験させてくれるアプリになっている。

どんなアプリなのかを詳しく見てみよう!

戦闘機を撃墜してミッションクリアを目指せ!

「バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ」は、戦闘機に乗り込み飛行シミュレーションを楽しめるVRアプリだ。

プレーヤーは戦闘機の操縦者となり、制限時間内2分の間に目の前に飛行する戦闘機を撃墜していく。

全ての戦闘機を撃ち落とすことができれば、ミッションコンプリートとなるぞ。

敵戦闘機はひたすら自分から逃げていくので、フライトシューティングゲームを遊んだことがない人でも、手軽にドッグファイト気分を味わえるのだ。

見た目が本格的!

「バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ」は、始めるとすぐに戦闘機の操縦席へと画面が移る。

操縦席から見る景色に、きっと「おっ!」と思うことだろう。

画面上に表示されているレーダーや眼の前を飛行する戦闘機も然ることながら、操縦席を見渡せば操縦に使う様々な機械を見ることができ、機銃やミサイルを放てばその弾光で、操縦席も明るく照らされるのだ。

戦闘機どころか、飛行機の操縦席に座ったことのない人の方が圧倒的大多数だと思われる世の中で、こうした本格的な操縦室が見れるだけでも興奮するものだろう。

フライトシミュレータとしても楽しめる!

「バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ」では敵戦闘機を全て撃墜するという重要なミッションが課せられているが、単純にフライトシミュレータとして遊ぶこともできる。

操縦席から見渡す景色はなかなか爽快で、四方は山に囲まれているため遠くまでは見れないものの、操縦席から下を見てみると、雄大な自然や街並みをがんかにおさめることができるのだ。

「バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ」の遊び方

では、「バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ」の遊び方を見ていこう。

『START』ボタンをタップすると、コントローラーセレクト画面に移動する。

ちなみに『SETTING』では、BGMや効果音の音量を調節することができるぞ。

VRゴーグルを使ったモードとVRゴーグル+ゲームコントローラーを使うモードがあるようだが、今のところゲームパッド用のモードは準備中なので、そのまま『NEXT』ボタンをタップしよう。

ミッションスタート

『NEXT』ボタンをタップするとすぐに、画像のような画面になる。

自機の前に戦闘機が何機も飛んでいるので、視線を戦闘機に向けて合わせて、ドンドン撃墜していこう。

ちなみに、画面右上の一時停止ボタンをタップすると、メニュー画面が表示されるのだが、同時に動画広告も再生されるので、あまり使用はオススメしない。

視界を左右に動かすことで、戦闘機をその方向に動かすこともできる。

敵戦闘機が逃げた場合や、ちょっと気になる景色がある場合は動かしてみるといいだろう。

機首を上げたり下げたりして、高度を変えることはできないので注意しよう。

さいごに

本格的なフライトシミュレータに比べると、できることが少ないアプリではあるが、「バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ」の真骨頂はVRゴーグルを付けて遊べるというところにある。

VRゴーグルを付けて見る戦闘機の世界は圧巻なので、戦闘機に乗ってみたいと思う人は、ぜひ一度体験してみよう。

アプリ バーチャルリアリティジェット戦闘機戦闘飛行シミュレータ
ジャンル シミュレーション
メーカー Ahmed Malik
価格 無料
対応機種 iOS/Android
配信日 配信中

 オススメ!

【 話題のDMM VRを体験してみよう!】

動画、電子書籍、CD、DVDやFXから英会話まで、様々なコンテンツを提供しているDMM.comが新たにVRコンテンツ『VR動画』のサービスを開始しました。
当サイトでは、スマートフォンやPSVRなどのハイエンド機器でDMM VRの動画を体験する方法や人気配信コンテンツなどを紹介しています。