手軽に映画館気分が味わえるアプリ「VR ONE CINEMA」の使い方について

vr one cinema

映画を楽しむならば映画館である。

手軽に家のテレビで見る映画もまた楽しいものではあるのだが、映画は大スクリーンで見ることを前提に撮られているため、やはり迫力に欠けてしまうのだ。

しかし、手持ちのスマートフォンに「VR ONE CINEMA」をダウンロードすることで、手軽に大スクリーンでの映画を楽しむことができるようになる。

「VR ONE CINEMA」がどんなアプリなのかを詳しく見てみよう!

シアターサイズのスクリーンで動画を楽しもう!

「VR ONE CINEMA」は映画館風のスクリーンで、動画を楽しむことができる動画再生プレーヤーだ。

VR動画再生用のプレーヤーは数多くあれども、「VR ONE CINEMA」ほど『映画館で見てる』感を出したアプリはそうそうない。

自分専用のミニシアターを持った気分を味わえるのだ。

アプリを始めればすぐにシアター真ん中の、一番良くスクリーンが見える特等席をドンと陣取れる。

上映する映画ももちろん自分の自由で、お気に入りの映画を見てもいいし、ゲームの映像なんかを撮影して大迫力のスクリーンで見てもいいだろう。

好きな動画を映画館のスクリーンに流す楽しみは、一度体験してみて欲しい。

臨場感を出すための工夫が施されている

大画面のスクリーンもさることながら、映画館の内部の作りが細かいところにも注目して欲しい。

周りを見渡せば自分以外にも、映画の上映を心待ちにしている観客がぽつりぽつりといる。

スクリーンだけがしっかりとしていて、周りに椅子があるだけだとちょっと作りモノ感が出てしまうのだが、「VR ONE CINEMA」ではホンモノの映画館にいるような雰囲気で動画を楽しめるのだ。

上映中に周りを見渡すことなんてまずないのに、こういうところにこだわっている辺りが憎い!

また近くの席を見てみると、前の映画を見ていた客のものだろうか、ポップコーンの空き箱と食べかすが落ちていたりする。

このくらいのミニシアターならではの光景を、上手に演出してくれているのだ。

操作はカンタン!

動画再生プレーヤーというと、とかくいろいろな設定ができてしまいがち。

それはそれで嬉しい要素なのだがその分メニューも煩雑になり、スッキリと映画の世界に入っていけないこともある。

しかし、「VR ONE CINEMA」は再生するメディアの選択画面と再生スキップボタンくらいしかメニューがないので、理解するのもカンタンだ。

メニューは簡単に消すこともできるし、再度表示するのも視線の移動だけでOK。

操作には特にコントローラーが必要になることもないので、VRゴーグルとスマホさえあれば、かなりお手軽に動画再生を始めることができちゃうのだ!

「VR ONE CINEMA」の使い方

「VR ONE CINEMA」の魅力がわかったところで、その使い方を見ていこう。

使い方と言っても難しいことはない。

画面中央に表示されているメニューに、一定時間視線を向けておけば操作ができるようになっている。

メニューの左から2つは『動画』、『写真』の選択メニューだ。

メニューを選んでスクリーンに上映したいメディアを選べば再生が始まる。

再生メニュー

写真選択のメニューから隣に4つは動画再生に関するメニューになっている。

アイコンを見れば操作がだいたい分かるようになっているが、左から見ていくと、『頭出し再生』、『巻き戻し』、『再生』、『早送り』の順でメニューが並んでいる。

必要に応じてメニューを呼び出して使うといいだろう。

右端にあるメニューは『視点リセット』だ。

見る場所が変わった場合などに使えば、映像を見る時の中心点を現在位置に変えることができる。

ちなみに……

先程のメニューは動画再生中には消えてしまう。

再びメニューを表示させたい場合はシアター両端にある扉に視線を向けよう。

一定時間経つとスクリーン下部に、またメニューが出てくる。

さいごに

映画好きにとって、自分だけのシアターを持つのはちょっとした夢である。

そんな夢をスマホとVRゴーグルだけで叶えてくれる「VR ONE CINEMA」。

迫力ある映画・動画を見たいならぜひともオススメしたいアプリになっているぞ!

アプリ VR ONE CINEMA
ジャンル 動画プレーヤー&エディタ
メーカー Carl Zeiss AG
価格 無料
対応機種 iOS/Android
配信日 配信中