渋谷にある【VRパーク東京の感想】評判が良いアトラクションをレビュー!

※この記事は2017年8月17日に更新されました。

2016年12月16日にオープンしたアドアーズ渋谷店の4Fにあるエンターテインメント施設『VR PARK TOKYO』に行ってきました!

今回は平日の午前中(10:20~11:40)の枠にお邪魔したので、全てのVRアトラクションを体験できました。

観光の際やカップルのデートにもオススメな『VR PARK TOKYO』人気アトラクション予約方法混雑状況待ち時間、評判に関して実際の口コミ感想をご紹介します。

目次

『VR PARK TOKYO』とは

『VR PARK TOKYO』は、グリーと業務提携したアドアーズが運営する渋谷に誕生したVRエンターテインメント施設です。

一つずつのアトラクションにスタッフがいるので、ゲームセンターというより遊園地(テーマパーク)でアトラクションに乗るような印象でした。

カップルや家族連れの他、外国人観光客の方にも現在、人気のスポットとなっています。

それでは『VR PARK TOKYO』で遊べるアトラクションを紹介していきます!

対戦!ハチャメチャスタジアムVR

プレイ人数:1~2人(対戦プレイ可能)
使用デバイス:HTC Vive
ジャンル:スポーツ

昔ながらの『野球盤』をVRで再現したアトラクション。

野球のルールを知らなくても楽しめるので、カップルで気軽に対戦ゲームすることもできます。

試合展開をさらに盛り上げるよう、負けている側が有利になる機能なども用意されていて最後まで対戦が盛り上がります。


ピッチャー側はパネルで投げるボールを選びます。

ピッチャー側には様々な種類の投球カードが用意されており、投げるたびにシャッフルされるので「次はどんな投球をしようか?」とピッチャー側もワクワクします!

そして、カードの中には【紫色の魔球カードが混じっています。

紫カードのほとんどは必殺技のような魔球ですが、たまに【スイカ】などの面白ネタのあり得ない魔球の選択肢が出てきたりします。笑

バッター側はヘッドマウンドディスプレイを装着して、VRコントローラーを使ってプレイします。

バッター側にも選択肢があり、ただ打つだけではありません。

三つのいずれかにバットでタッチして、バットの種類を決めてから打ち返します。

バットの種類には「勇者の剣」や「氷で作られたバット」など様々なバットが存在し、相手の投げてくる球によってバットを変更する必要があります。

相手の球を予測、もしくは瞬時にバットを変更して打ち返しましょう!

 

そして、バッター側にもイレギュラーな選択肢が存在し、このような「冷凍マグロ」が混じっていたり…。笑

これを目にしたとき、バッターは面白半分に冷凍マグロで勝負を挑んできました。

 

ふざけてますよね。

 

野球の真剣勝負に”冷凍マグロ”。

 

分からせてやろうと迷わず【高速魔球】を選択しました。

 

はい。打ち返されました。

マグロバット、オススメです。

 

対戦!ハチャメチャスタジアムの感想と口コミ

打った先に『ヒット』『ツーベース』などが設置されており、まさに野球盤VRゲームです。

懐かしいと感じられる人同士でプレイすると、より楽しいと思います。

今のところ、夜の部(20:40~22:00、22:05~23:25)は予約をしなくても入場可能とのことですので、仕事帰りに遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

バッター側にはアクション性があり、VRの野球盤としてはゲーム性も高いと思います。

2人で楽しめるコンテンツなので、カップルにもお勧めです。

協力!GHOST ATTACKERS VR

プレイ人数:1~2人(協力プレイ可能)
ジャンル:ガンシューテイング

あなたはゴースト退治専門家!

相棒のドローンと共に、洋館に棲むゴーストを退治する協力型ガンシューテイングアトラクションです。

 

出現するゴーストを銃で退治するのですが、その銃から放たれるビームは、ゴースト〇スターズのアレによく似ています。

 

1人プレイは通常のVRシューティングアトラクションですが、2人プレイをする場合は協力プレイが可能となります。

ヘッドマウンドディスプレイを装着しないサポート役はパネルの前で指示を出し、一緒にクリアを目指します。

ゴーストは全方位、容赦なく後ろからもプレイヤーを襲ってきます…!

サポート役はでゴーストの位置情報を教えてあげるのがポイントです。

サポート役が「真後ろに居るよ!」「左後ろから来るよ!」などの情報を教えてあげると上手くゲームを進められます。

これから「VR PARK TOKYO」に行く方へお手本を見せます。

前方を確認しつつゴーストを倒します。

 

左右を警戒しながらゴーストを倒し

 

更に後ろから来るゴーストを警戒し、全方位から飛んでくる火の玉をよける。

 

無理無理カタツムリ!!

 

サポートが居ましたし、最終ステージまで余裕だと思っていたのですが…。

結果は第3ステージで終了。

予想以上の難易度でした。笑

GHOST ATTACKERS VRの感想と口コミ

ゴーストが全方位から襲ってくるので臨場感はとても高く、攻撃を歩いて避けるというゲーム性が没入感を高めているように感じました。

そして、シューティングが360度になるだけでこれほどまでに難しくなるのか…という感想に尽きます。

他のアトラクションより難易度が高いのでやり込みがいがあり、複数人でプレイすることで盛り上がれるVRアトラクションだと思います。

GHOST ATTACKERS VRは全4ステージ。あなたはクリアできますか?

銃を持てるプレイヤーは一人ですが、ゴーストがどこにいるか伝える『サポート役』は何人でも良いので、4人で遊んでも盛り上がります。

店員さんによると、複数人で来店される方からの評判が高く、よく女性グループ3名~4名で盛り上がっているそうです。

ソロモンカーペット VR

プレイ人数:1~2人(同時プレイ可能)
使用デバイス:HTC Vive
ジャンル:ライドアトラクション

『ソロモンカーペット VR』は、実際に動く魔法のじゅうたんのうえでバランスをとりながら魔物を魔法で倒す冒険アトラクション。

風や水しぶきなども体感でき、猛スピードで飛び回るじゅうたんの疾走感を感じることができる人気のVRライドアトラクションです

ソロモンカーペットVRでは、バックパックPCVR ONEを背負ってプレイすることも可能です。

VR ONEを使用すればゴーグルから出ているコードを気にせずにプレイできます。

 

ヘッドマウンドディスプレイとVRコントローラーを装着後、”最初の移動時はポールを掴むように”と説明を受けました。

 

ポールを掴むといよいよゲーム開始!

 

勢いよくカーペットが空に旅立ちます。

 

その瞬間、映し出されている映像と絨毯の上に乗っているという現実がマッチしすぎていてコケそうになりました…。

 

↑ビックリしてしゃがんでます。笑

画像では伝わりづらいですが、実際は遊園地でジェットコースターに乗っているような感覚です。

カーペットが激しく動いているわけでもないのに、VRの没入感によって迫力のあるアトラクションとなっていました。

 

前方からの扇風機と水しぶき、そして動くカーペット。

これだけでここまで錯覚させられるのか…。と改めてVRに感動を覚えました。

 

ステージクリア後に魔物を倒した数に応じてランクが表示されます。

 

結果は【Aランク】でした!

12000点から【Sランク】とのこと。

次こそはSランクを取りたいですね。くやしい…

ソロモンカーペットVRの感想と口コミ

正直に言うと、VR PARK TOKYOで一番盛り上がった、個人的に楽しかったアトラクションでした。

「この没入感こそがVRなんだ!」とVRの可能性を感じさせてくれます。

遊び終わったあとの満足感がとても高く、初めての方にはぜひ体験して欲しいアトラクションです。

家では味わえない『VR専門の施設』ならではのコンテンツですので、VRパークトーキョーに行く方にはソロモンカーペットVRのプレイをお勧めします。

二名で遊ぶ際、隣に相方の姿がヘッドマウンドディスプレイを通して映るのですが、その姿がとても面白いです。

隣で一緒にプレイしている友達がどんな格好なのか、実際に体験して見て下さい。笑

ソロモンカーペットはとても人気なので、混雑時に行くと並ぶ可能性があります。体験したい方は混雑時を避けた方がいいかもしれません。

サークル・オブ・セイバーズ ビギナーズ

プレイ人数:1人
使用デバイス:HTC Vive
ジャンル:アクション

あなたはこの世界の主人公になり、剣や斧などの武器と魔法を使って襲ってくる敵を倒すリアルバトルアトラクションです。

一人用のアクションアトラクションだから、他の人は楽しめないと思いきや、別画面でまわりで見ている人も楽しめるようになっていました。


↑プレイしていない人が見ている画面

 

サークルオブセイバーズでは、最初に『フィールド』と『武器』を選択することが出来ます。

『フィールド』は現在、スカイランドと砂漠が実装されています。

 

『武器』は組み合わせで7種類あり、以下の中から1つの組み合わせを選んで戦います。

週によって選べる武器が変わる仕様です。

そして、サークルオブセイバーズは日々進化しています。

4月29日に行われたアップデートでは、詠唱による魔法が使えるようになりました。

アトラクションをプレイする前に『サークルオブセイバーズの攻略方法』に関して、VR PARK TOKYOのスタッフさんに聞いてみました。

新しい武器「ハンマー」「爪」「斧」は、今までの剣に比べると難易度の高い武器となっております。

攻撃力は高くなっておりますが、近距離攻撃となる為、敵からの攻撃も受けやすくなってしまいます。

攻略のポイントとしては、どれだけ上手く敵の攻撃を避けられるかがポイントとなります。

つまり『行動可能な範囲以内で実際に攻撃をかわしながら、攻撃を続けることが攻略への近道となります。』

これらを踏まえて、

一回目、フィールドは【スカイランド】剣(ダブル)を選択!

いざ出陣! 開始直後からゴブリンが襲い掛かってきます。

中盤になるとゴブリンの数が徐々に増えていき、最終的には360度囲まれた状態で戦うことになります。

プレイヤーは攻撃を避け、隙を突き、ゴブリンを倒していく。

 

そうして辿り着いた先には…。

 

巨大ゴブリン!

ラスボスまで辿り着いたのは良いものの、残っているHPは1…。

絶望していた撮影班の僕らを横目にプレイヤーの彼は『大丈夫。まかせろ。』とだけ言い残して戦いへ。

 

 

か、かっけぇ…

 

 

ですよね。

スカイランドのプチ攻略法

3種類ほどのゴブリンが襲ってきますが、それぞれに隙があります。

赤のゴブリンならジャンプ攻撃を仕掛けてきた瞬間に切る!

太ったゴブリンなら攻撃を剣で受け流してから攻撃する。などしっかりと対処方法があるので焦らず戦いましょう。

ボスは大きな手を地面に叩きつけてくるので、自分が左右に動いて避ける。

 

二回目はフィールド【砂漠】と剣(ダブル)を選択!

砂漠の遺跡?のような場所で戦います。

 

一度、プレイを見ているので順調に進んでいきます。

 

↑ゴブリン倒すのに必死。笑

 

そして、HPを「5」残してボス戦へ!

 

砂漠のボス、デカくね?

 

登場後、頭を見上げる形で戦闘が開始!

感のいい人なら分かるはず、このボスの弱点は口の中の青い部分!!

 

攻撃を仕掛けてきた瞬間に口を一撃!

やはり口への攻撃は効果抜群

 

ここまでHPを減らさずに順調に戦えています。

もう少しで倒せるか?といったところで

 

ゲームオーバー。惜しかった!

今回は誰もクリアできませんでしたが、次回には【スカイランド】と【砂漠】を攻略できそうです。

※ちなみに難易度は【砂漠】の方が高いようです。

砂漠のプチ攻略法

スカイランド同様に攻撃パターンの決まっているゴブリンが襲ってきます。

ここでいくつHPを残してボス戦に挑めるかが肝となります。

焦らずにゴブリンをしっかりと見極めて戦いましょう。

ボスに関しては周りから出てくるボスの手の様な物を素早く倒し、ボスの口を狙って攻撃しましょう。

サークルオブセイバーズの感想と口コミ

サークルオブセイバーズは、ゲーム内に入り込んでモンスターを倒すというゲーマーの夢を叶えてくれるようなVRアトラクションです。

武器を取り、辺境の地で目の前に現れるモンスターを倒して行く。

サークルオブセイバーこそ、多くの人が期待していたようなVRアトラクションだと思います。

最終目標は自由に歩き回れるフィールドで、オンライン通信で知り合いや他店でプレイ中の人と一緒にモンスターを倒したり、ボスに挑んだりすることでしょうか。

VRはまだまだ黎明期。これからに期待です!

1人プレイですが、遊んでいない人もプレイ画面を視聴できるので、みんなでワイワイできるVRアトラクションでした。

アクション性が高く、現在のVRアトラクションとしてはとても完成度の高いコンテンツだと思います。

襲ってくるモンスターを武器で薙ぎ払っていく爽快感は、ストレス発散にもなりますよ!

DIVE HARD VR‐だいぶ・ハード‐

使用デバイス:HTC Vive
プレイ人数:1人~2人
ジャンル:ガンアクション

エレベーターで屋上まで上がって、ビルから突き出た細い足場を渡り制限時間内に脱出するという高所脱出型VRアトラクションです。

細い足場を渡っている時には、360°から攻撃してくるドローンを撃破しながら脱出しないといけません。

また実際に扇風機で巻き上げる屋上の風を再現しているので、恐怖感をさらに煽ります。

全体像はこんな感じ。細い道の先に扇風機が置いてあります。

この道を実際に進みながらゲームをプレイするのですが、扇風機の風がもろにリアル感を与えてきます…

ヘッドマウンドディスプレイとヘッドホンを装着すると周りが見えなくなり、声も聞こえづらくなるけど、スタッフさんがヘッドホンから補助で説明をしてくれるので大丈夫。

 

これが脱出開始直後の映像です。

スタート地点から前に進めず、ギブアップする方も居るそうなので、この時点で無理だ…と感じた人はスタッフさんに伝えましょう。

 

ヘッドホンから聞こえるスタッフさんの声を頼りに オドオドと橋を渡ります…。

このとき既に敵と遭遇し、戦いながら先に進んでいます。

ゲーム内の映像は実際に体験してほしいので、載せないでおきます。

あなたは巨大なラスボスを倒して無事にヘリコプターに乗ることはできるか!?

DIVE HARD VR  -だいぶ・ハードVR- の感想と口コミ

ダイブハードは高さを利用して『怖さを煽ってくる』VRアトラクションです。

高所恐怖症の方は難しいかもしれませんが、VR体験としては良い経験になりました。

このようなコンテンツがいずれ、高い場所で重たい物を持ちながら作業をする建設関係の方たちや自衛隊の訓練などに役立つ日が来たりするのでしょうか。

今後、もっと没入感を高めることが可能だと思うので、とても楽しみです。

Dive HARD VRは一度に二人がプレイできて3分程で終了するコンテンツ内容なので、VR PARK TOKYOの中で最も回転率の高いVRゲームです。

あまり並ぶ必要がないので、「最後の余った時間に遊ぶ」という形で良いと思います。

ドキドキ感は高いですが1人プレイなので、みんなでワイワイしたりするよりプレイヤー以外の人はプレイヤーのオドオドした動きを見て楽しんだり、こっそり動画に収めておくなんてのもアリ?

ホラーシアターVR オバケリア

プレイ人数:1~4人(同時プレイ可能)
使用デバイス:Gear VR
ジャンル:4Dホラー

やはり体感型VRと言えば、ホラーは外せませんよね!

ホラーシアターVR オバケリアは、リアルな映像にCGを加えたホラームービーです。

体験者が椅子に座るシアター型のホラーアトラクション。椅子はヘッドマウントディスプレイに連動したギミックつきチェアです。

このギミックが初めての人には、かなり刺激が強いです。

「何かが触った…。」

ホラーシアターVRに関しては自分で実際に体験してください。

詳しくは紹介しません。笑

ホラーシアターVR オバケリアの感想と口コミ

精神的嫌悪感を煽ってくるショートムービーが流れます。

気持ちの悪さと恐怖が入り混じった感情の中、タイミングよくギミックが起動して触れた感覚を与えてきます。

VRとホラーはとても相性が良く、これからもこのようなコンテンツが増えると思われます…。

男性同士で入る場合は気を付けてください。勢いで手を握ってしまうなんてことも…。

みなさんはつり橋効果をご存知ですか?

不安や恐怖を強く感じている時に出会った人に対し、恋愛感情を持ちやすくなる効果のことです。

ホラーシアターVRは安心が欲しくなるような内容なので、吊り橋効果を期待できるかもしれません。笑

実際に体験して感じたのは、今後のホラー系VRコンテンツの進化です。

数年後、ホラーVRを見たいと彼女に誘われても行けない気がします…。

ジャングルバンジーVR

日本初の落下型VRアトラクション!「ジャングルバンジーVR」

ジャングルバンジーVRは2017年3月10日(金)より稼働が開始されたVRアトラクションです。

仮想現実の空間で、ジャンプしたりツタを使って、ターザンの様に颯爽とジャングルの中を駆け抜けていくアトラクションです。

ジャンプする際の上下運動とVRの映像がリンクしていて、本当にジャングルを飛び回っている様な感覚になります。

 

実際はアドアーズの3階が見えているだけですが、ヘッドマウントディスプレイを着けたらあなたは地上60mはあるであろう木の上です。

アトラクションが動いてしまうと途中停止することが出来ないとのこと。
中止したい場合はワイヤーが動く前にスタッフさんに伝えましょう。

VRバンジーは「やってみたいけど、気軽には出来ない。」「やってみたいけど、恐過ぎる。」を気軽に楽しめるアトラクションです。

こちらもVRアトラクション内の映像と画像は公開しないでおきます。

その代わり、ポルトガルのリスボンで行われたVRバンジーと映像をご紹介します!

こちらの映像は2016年5月のVRバンジーです。

VR PARK TOKYOに設置されているVRバンジーの映像は更に進化しています。

ぜひ体験してみてください!

ジャングルバンジーVRの感想と口コミ

バンジーだから一度飛んで終わりかなと思っていたら、そこから森の中を飛び回ります。

木のしなり具合や崖からの眺めなど、凄くリアルでした…。

VRバンジーも人気コンテンツなので早めに並ぶか、すいている時間を狙って行きましょう。

定員人数は1名なのでみんなでワイワイすることは出来ませんが、ドキドキ感とアクション性が高いです。

VRバンジーの中では、自分がジャングルを知り尽くしたゴリラに生まれ変わった気分になれます。

音や着地した時のリアルな感覚、何者にも邪魔されず、森をドカドカと自由に飛び回る感覚はとても楽しいのでぜひ体験してみてください!

T3R Simulator

プレイ人数:1~2人(対戦プレイ可能)
使用デバイス:HTC Vive
ジャンル:スポーツ

VRテーマパーク「VR PARK TOKYO」に相応しいVRゲームがまた一つ実装されました。

2017年6月9日から稼働している「T3R Simulator」。

さっそく体験してきましたが、今までゲームセンターにあったレースゲームとは一味も二味も違います。

VRに重要な没入感を高める細かいこだわりがシートとハンドルから感じられました。

シートのこだわり

座り心地の良いレーシングカー用シートはしっかりと腰を支えて、長時間のプレイでも疲れを軽減します。

そして、実際のプロレーサーが開発したからこそ生まれた没入感へのこだわりは、運転中にお尻部分に感じる路面の状況と感覚、速度感、恐怖感の追求。

T3Rはゲーム内の映像とシートが連動しており、クルマ同士が衝突したり、壁にぶつかったり、コース外から外れるとその感覚を忠実に伝えてくれる機能が備わっています。

流石はプロレーサーの練習にも使われている「T3R Simulator」ですね。

ハンドルのこだわり

ハンドルもしっかりと連動していて、縁石に乗り上げた際の感覚やコーナリングでのハンドルの重さを体験できます。

忠実に再現し過ぎて難しいと感じたのは私だけではないはず…。

T3R Simulatorの感想と口コミ

レース系のVRゲームって酔ってしまうイメージがあると思いますが、「T3R」に関しては通常のレースゲームと同じくらい酔いの軽減に成功していると感じました。

理由は細かい没入感にあると思います。

通常のVRゲームは座っている椅子がゲームと連動して動くなんてことはありません。

しかし、T3Rでは、ゲーム内での出来事が全てシートとハンドルを通して伝わってきます。

リアリティの追求が酔いの軽減へ繋がっていると改めて実感しました。

正直、難易度はVR PARK TOKYO内でトップクラスですが、練習したいと思うほどやり込みがいのあるVRゲームでした。

新コンテンツが続々と追加!

JHON WICK CHRONICLES

新アトラクション「JHON WICK CHRONICLES」が7月7日に稼働を開始しました。

johnwickvr

多くの映画評論家から高評価を獲得している映画「JHON WICK」の世界に入り込むVRアトラクション。

2017年7月7日に公開された続編映画「ジョン・ウィック:チャプター2」に合わせて導入されたシューティングアトラクションだ。

歩行型VRデバイス「Omni」

世界で注目されているVRデバイス「Omni」がVR PARK TOKYOに!

Omni

米国Virtuix社が開発、2017年7月に発売開始された「Omni」はVR世界を自分の足で実際に歩いたり走ったりすることができます。

「ジャンプ」や「しゃがむ」などの動作にも対応しており、様々な操作が可能。

VRで楽しむFPSゲームは日々進化しています。

Omniは税込みで100万円以上する最新機器、なかなか体験できるものではありません。

話題作りになるようなVRデバイス。一度体験してみてはいかがでしょうか?

【設置台数】2台(1台 / 1人プレイ):通信によるマルチプレイ可能

【体験時間】約5分

【身体制限】身長145~195cm 体重130kg以下

【ゲーム内容】Omni ARENA
「攻撃してくるロボットを射撃しつつ、フィールドに設置されたコアを破壊するスポーツガンシューティング」

フィットネスVR「ICAROS」

未来のフィットネスマシンの先駆け「ICAROS」

icaros

ICAROS GmbH社によって開発された「ICAROS」は、胴体を地面から浮くように両肘を両膝で支える「プランク」という体幹トレーニングの基礎的な姿勢でハンドルを握り、身体が宙に浮いた状態で微妙な重心移動をすることで、遊びながら全身の筋肉に適度な負荷を掛け、集中力と大幹を鍛えられる次世代フィットネス・マシーンです。

既にイカロスを導入しているトレーニングジムもあり、テレビでも話題となっています。

【設置台数】2台(1台 / 1人プレイ)

【体験時間】約5分

【体重制限】体重100g以下

【ゲーム内容】空・深海・宇宙の3つの世界を自由に巡ることができます。
Flight:丘の上を飛びながらレースやバトルができるモード

Deep:海の中を潜水しながら、魚や哺乳類を発見したりする探検体験

Gravity:重力で宇宙から地球に落ちていく感覚で効果しながら左右、前後に体を傾けスペースシップなどの障害物を撃つことが出来ます。

最恐VRホラー「呪いのVR」

名古屋に拠点を置くADATEC(代表:朝日 恵太)が制作した新感覚 最恐体感ホラー「呪いのVR」は、今までのように座って映像を見るだけのホラーVRではありません。

仮想空間の中で自由に歩き、自由に物を掴むことが出来る。能動的な体感をしながら、物語を自ら進める感覚が没入感を高めてくれるVRお化け屋敷です。

【設置台数】2台(1台 / 1人プレイ)

【体験時間】約4分

【ゲーム内容】ビデオの世界に吸い込まれ、二転三転する仮想空間から現実世界に帰ってくる体感ホラー。

VR PARK TOKYOを運営するアドアーズ株式会社広報担当の秋山さんにインタビュー!

来店する際に役立つ情報やVRパークトーキョーの今後についてなど、気になることを聞いてみました!

PenguinVR
まず、これだけは体験してほしい!というイチオシのアトラクションを教えてください。
VR PARK TOKYO
1番のおすすめはジャングルバンジーVRです。設置されたばかりで日本ではここでしか体験できないアトラクションなので、現在のイチオシです。
VR PARK TOKYO
2番目はソロモンカーペットVRです。ジャングルバンジーVR同様に「VR PARK TOKYO」でしか味わえないVR体験が可能なアトラクションです。
VR PARK TOKYO
あとは「サークルオブセイバーズ」や回転率の高い「ダイブハード」がお勧めです。

 

PenguinVR
平均的に見て80分でいくつのタイトルを遊べますか?また、アトラクションを回るコツを教えてください。
VR PARK TOKYO
土日だと4つ~5つ。平日などこんでいなければ全部遊ぶことが出来ます。来客のピークは平日だと15:00~17:00なので、この時間は避けた方が良いかもしれません。
VR PARK TOKYO
店内でなるべく並ばないでアトラクションを廻るコツは、事前に体験したいアトラクションを決めておくこと。また、開店から間もない比較的空いている時間帯や夜遅い時間帯の会社帰りなどにフラッと来店してみてください。
VR PARK TOKYO
早いタイミングで「ジャングルバンジーVR」や「ソロモンカーペットVR」などの人気アトラクションを体験できれば、時間にも余裕が生まれると思います。

 

PenguinVR
今回、VRバンジーを導入されたように今後も新しいコンテンツを追加すると思われますが、どのような基準でゲームを選んでいるのでしょうか?
VR PARK TOKYO
家庭用のVRでは体験できないようなルームスケールを活かした、複数(2人以上)でわいわい、がやがやと楽しめるアトラクションを基準に選んでいます。

 

PenguinVR
「音ゲー」や「カードゲーム」などの導入はありえますか?
VR PARK TOKYO
カードゲームに関しては、例えば、カード内のデータを読み取りキャラクターを3D化させ、仮想現実の中で実際に戦わせるなどのアイディアがあると思いますが、カードをどうやって認識させるか、どうルームスケールを活かしたアトラクションにできるかなど、解決しなければならない課題が多いため、技術面では可能でもコンテンツとしてはまだ不十分だと個人的には思います。
VR PARK TOKYO
音ゲー(ダンス、リズムゲー)に関しては、現段階でもモーションセンサーのような技術を使った音楽ダンスゲームが既に存在していますし、カラオケなどでは人気アーティストと一緒にライブ会場のステージに立っている雰囲気を味わうことができるコンテンツもあるので、目新しさという点ではインパクトに欠けるのではと個人的には思います。

音楽に関するVRコンテンツとしてプレイ出来る様にするのであれば、アイドルグループのライブステージにメンバーと一緒に立ってダンスをするようなVRアトラクションはどうかと個人的には思います。

 

PenguinVR
最後に、VR PARK TOKYOを他の店舗にも導入する予定はありますか?
VR PARK TOKYO
今後の展開については色々考えています。横展開も含め条件などが合えば新規展開もできたらいいですね。まだまだ、VRを体験したことのない方は多くいらっしゃいますので、体験の場を増やしていくことで、VRを体験してもらいたいと考えています。

場所としては、若者が集まるような流行の発信地がいいですね。戦略的なところもあるので、多くは語れませんが、是非今後にも期待していただきたいですね。

 

VR PARK TOKYOの女性スタッフさんに聞いてみた!

PenguinVR
ゲームは男性のイメージが強いですが、客層はどういった感じでしょうか?

男女率は男性:女性=6:4くらいです。

女性はカップルで、もしくは4人以上の団体で来られる方が多いです。

女性のお客さんは最近増加していて、「女子会」のような形で来店して頂いています。

 

PenguinVR
女性が楽しめるゲームのタイトルを教えて頂けますか?

オススメは「ゴーストアタッカーズ」と「ソロモンカーペット」です。

特に「ゴーストアタッカーズ」はサポート役との連携が大事でしかも難しいアトラクションなので、やっている側も見ている側もみんなで盛り上がれるアトラクションです!

 

PenguinVR
格好・私服についての注意点はありますか?

ヘッドマウントディスプレイを着用する際に邪魔になるので、お団子ヘアなどは避けた方が良いです。

スカートやヒールで来店して頂いても、各アトラクションに「巻きスカート」「クロックスの様なサンダル」が2セットずつ用意していますのでお声がけ下さい。

 

ーーありがとうございました。

 

『VR PARK TOKYO』人気のおすすめアトラクション

1.ジャングルバンジーVR

2.ソロモンカーペット

3.サークルオブセイバーズ ビギナーズ

この3つが『VR PARK TOKYO』での評判の高いアトラクションとなっています。

アトラクションに悩んだら、まずはこの3つのいずれかをおさえてください。

利用方法・料金

『VR PARK TOKYO』は公式サイトで入場の事前予約ができます。

また、当日受付枠とキャンセル枠があるので、予約なしの当日入場も可能です。

最初に利用料金を支払えば、全アトラクションが自由に利用できます。

基本的に入替制ですので、入替時間に合わせて来場したほうが時間いっぱい楽しめます。

また、入場特典として「アドアーズ全店で使用できるゲームクーポン」がもらえます。

もらったクーポンはクレーンゲームやメダルゲームで利用できるので、当日の体験後はもちろん、入場待ちの際にも利用できます。

  • 平日料金
当日入場 3,300円 / 1名
事前予約 2,900円 / 1名
  • 休日料金
当日入場 3,500円 / 1名
事前予約 3,300円 / 1名

利用・予約可能時間枠

受付時間(20分)体験時間(90分)

受付時間 入場 体験時間 終了時間
10:00~10:10 10:10 100min. 11;50(平日のみ)
10:00~10:20 10:20 90min. 11:40
11:35~11:55 11:55 13:25
13:10~13:30 13:30 15:00
14:50~15:10 15:10 16:40
16:30~16:50 16:50 18:20
18:10~18:30 18:30 20:00
19:50~20:10 20:10 21:40
21:30~21:50 21:50 23:20

遠方から来る場合は、事前予約をしたほうが確実に遊べます。

『VR PARK TOKYO』混雑状況

平日は5回目(14:50入場 16:40退場)から7回目(18:10入場 20:00退場)の3回転

土日祝は1回目(10:20入場 11:40退場)から7回目(18:10入場 20:00退場)の7回転

上記時間帯が混雑している様です。

なるべく時間帯を調整できるなら、上記時間帯を外して入場するようにしましょう。

その他、無料サービス

無料ロッカー無料ドリンクサーバー、女性お手洗いにはアメニティーもあり、設備も新しく、思い切りVRを楽しむ環境が整っています。

あとは存分に楽しめるよう当日の体調管理だけ気を付けて『VR PARK TOKYO』でVR体験を楽しんでみましょう。

 場所・アクセス

オープン:2016年12月16日~

場所:東京都渋谷区宇田川町13-11 KNビル アドアーズ渋谷店 4階

最寄駅:JR渋谷ハチ公口から徒歩約5分

アドアーズ渋谷店へのアクセス

VR PARK TOKYO 公式サイト

【2017年】現在、東京周辺でVR体験ができる場所まとめ【随時更新】

2016.12.26