攻殻機動隊、GANTZ大阪編をVR映像で体験できる『VR THEATER』とは?

※この記事は2017年1月30日に更新されました。

VR THEATERとは?

VR THEATERとは、『VR THEATER』を導入しているネットカフェやゲームセンターで、VR映像を体験できるVRサービス』のことです。

各店舗にはHMD(ヘッドセット)はGearVR用意されています。

コンテンツの大きな特徴は、「360度どこを見渡してもスクリーン」という体験ができる。

そして、ライブやコンサート、カーレースさらには映画やゲームの世界など、その場にいないと体験できない臨場感をVRの技術で体験することが出来ます!

 

どういう手順で体験できるの?予約は必要?

ネットカフェの場合は、上記の画像の様にVR THEATER導入店舗に行き、利用スペース代を払ってからカウンターでGearVRをレンタル出来ます。

現在はネットカフェの他にカラオケ、ゲームセンター、カプセルホテルなど様々な店舗で導入されています。

店舗により貸し出し方法が違う場合があるそうなので、事前に問い合わせておくと良いかもしれませんね。

VR THEATERのおすすめコンテンツ

GANTZ:O VR

丸く黒い球体の中で行われる死闘。

死んだ人間と異星人が展開するサバイバルゲーム。

GANTZの中で支持の多い「大阪編」を3Dアニメで表現しています。

あなたもこの世界から抜け出すことができるでしょうか。

攻殻機動隊-VIRTUAL REALITY DIVER-

人工心臓・AI等と未来を予見した作品です。電脳世界と呼ばれる中で行われる人間模様を描いています。

SFという位置づけながら、単なる未来予測だけだった当時と現実として迫りくる今とでは、受ける印象が違います。

もしかしたら、新たな試練なのかもしれません。

進撃の巨人

人間と巨人の攻防劇。人を喰う巨人から身を守るために巨大な壁を建てますが、数年が過ぎたある日、一体の巨人が要塞を突破したことから一変。

3Dアニメで表現された世界で、狩人となって体験できます。

処理工場

VR Dead Theaterとも呼ばれています。あなたは縛られた状態から始まります。

身動きがとれない中、3人の女の子が現れます。

これから乱痴気騒ぎが起こると思いきや、目の前で始まる出来事に開いた口が塞がらないでしょう。

エロティック・バイオレンスな作品の幕開けです。

劇場霊360°

一人の売れない女優が主人公です。

舞台公演へ向けて練習していたある日、一体の人形を発見。

その後、ひとりまたひとりと共演者に災いが降りかかり始めます。

それでも舞台監督は取りやめません。

そのうちに、主人公へと魔の手が忍び寄ります。

ホラー映画が好きな方にオススメの作品です。

ライチ光クラブ

少年時代に描いた子供だけの世界。

成長という概念を捨て永遠の若さが保たれた少女と少年たち。

彼らだけの秘密基地を作成。

誰も傷つかないはずでしたが、仲間割れをきっかけに崩壊していきます。

あなたは登場人物の少女となって、物語へと足を踏み込んでいきます。

Another Rec360 Beyond

惑星研究をしていた教授と学生。

ある日、研究対象としていた惑星が地球に墜落。

興奮のあまり外へと向かうが二人はある違和感を覚えます。

大都会東京なのにやけに物静かなのです。

そこから二人は誰もいない東京での探索が始まります。

ミステリーが好きな方にオススメです。

※その他コンテンツVR THEATER導入店舗一覧(全144店舗)につきましては、公式サイトをご覧ください。